基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

リールカスタム 18月下美人MX ベアリング追加

私が電車で釣りに行ける範囲だと

この季節は釣りものが少なくて。。。

餌を使えばまた違うのかも知れませんが

行き帰りで臭いが出たりするのも気を使います。

同じ理由でガルプを使うこともなくなりました。

今は完全なルアーマンになっています(汗)

 

さて、魚が釣れない釣り人がすることと言えば

。。。そう、道具のメンテナンス。

今回はライトゲームで使っているリール「18月下美人MX」のベアリング追加をしてみました。

  

18月下美人MXとは

DAIWA : 月下美人 MX - Web site

今回ベアリングを追加したのは

ダイワのライトゲーム専用リール 月下美人

私が使っているのは18月下美人MX LT2000Sというモデルです。

価格も安くはないですが販売価格13,000円前後で

このシリーズではエントリーモデルとなります。

いろんな機能が詰め込んでありコストパフォーマンスが高い

モデルだと個人的には思っています。

また、何よりもダイワのロッド、月下美人シリーズとよくあいます。

1万から2万くらいのダイワのリールはLTシリーズになって

前モデル以上に魅力が増えている気がします。

 

何が不満でベアリング追加?

この価格帯はコストパフォーマンスが間違いなく高いです。

しかし、価格が抑えられていることもあって当然ながら

上位機種と比較するといろんな部分でコスト削減がされています。

一番はリール本体(ボディやハンドル、ローター、構造等)だと思います。

耐久性や重量が大きく変わってきます。

(上位機種でも耐久性に振って重量がある機種もありますが)

この重量や耐久性に関してはカスタムで変更することは

費用面でもあまりこの価格帯のリールでやることは気がのりません。

ハンドルも高価なものになるとリール本体価格を超えます(汗)。

では本体以外で何が不満で、、、かつ改善ができるのか。

私が気になったのはハンドルノブの回転とラインローラーの回転です。

エントリー機では使われているベアリング数が比較的少ないです。

それでも月下美人は8個も使われていますが、ハンドルノブと

ラインローラーはカラー(プラスチック)が使われています。

ライトゲームで使う特性上、ラインローラーは軽い負荷で回って欲しいし

ハンドルもなるべく繊細であって欲しい。

そんな理由からベアリング交換をすることにしました。

 

カスタム初心者のベアリング交換

過去の趣味でカスタムはいろいろしてきましたがリールは初めてです。

簡単なベアリング交換とはいえ念には念を入れて

用意したベアリングはメーカー純正です。

f:id:namazunoko:20200226171540j:plain

説明書もしっかりあり安心です。

交換作業はシンプルで作業時間としては30分くらいで終わりました。

これでボールベアリングは10個になりました。

なんか強そうな気がしますね(笑)

ただし、ラインローラーの構造を知らなかったがゆえに少し迷いました。

 

初心者が作業するうえで注意すること

サイズにあった工具を使う等は当然として

ラインローラーのベアリングを交換するときに

少し悩んだことを書いておきます。

本当は交換中の写真があればよかったのですが撮り忘れました。

ラインローラーを外してカラーをベアリングへ交換をするのですが

このカラー。。。最初はどこについているの分からなかった。

説明書にはベアリングを入れる工程しかのっていない。

そんな私の経験から初めてベアリング交換をするときに

注意することは以下の3点

YOUTUBE等で同機種や同等機種の交換動画をみておく

・上記と同じで詳細に解説しているブログもあるのでみておく

・一応、メーカーHPにある展開図をみておく

上記をしっかりしておけば、ラインローラー、ハンドルノブの

ベアリング交換は初めての方でも簡単にできます。

 

ベアリングを追加しての効果は

ハンドルノブはくるくる回るようになりました。

すごく分かり易い効果です。

そして、ラインローラー

これも手で回した感じは明らかに回転が良くなりました。

ハンドルノブほど見た目では分かりませんが、

おそらく実釣ではラインローラーのがライントラブルが

減る効果で実益が期待できると思います。

個人的にはベアリング交換をしてよかったと思います。

交換前のハンドルノブは指ではじいても数回しか回転しなかったのが

いまは勢いよく回ってくれます。

見ているだけで楽しくなります(笑)。

あとはカスタムしたリールに愛着もわきますし。

こんな道具のカスタムも釣りの楽しみのひとつですね。

 

ベアリング交換まとめ

・ハンドルノブのベアリング交換は効果がわかりやすい 

・ラインローラーもハンドルノブほどではないけど効果はわかる

・ベアリング交換したリールに愛着がわく

・初めての交換はメーカー純正が安心な気がする

・作業自体は簡単ですが、動画、ブログ等で予習をしたほうが安心

 

今回の作業をしたことで家にある同価格帯のリールも

順次ベアリングカスタムをしようかな、、、と考えています。

20年の新製品もいいですが、いまある道具をカスタムして

長く使っていこうかな。。。という気持ちに傾きました。

ベアリングも慣れたら社外品とかにしてみたいと考えています。

また、釣り関係で楽しみが増えました。