基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年7月20日

 地元に戻り中一日あけて

ナイトゲームへ行って来ました。

 

猛暑は相変わらずです。

そして、風がかなり強いです。

この風だと日中は無理なのでナイトゲームになりました。

夜になって風は少し弱まりましたが依然強い状態。

また、気温は高いままです。

 

気象条件だけみると厳しい釣果になりそうです。

そして、実際の釣果は。。。

1匹 サイズは50センチくらい。

f:id:namazunoko:20180722170838j:plain

痩せていて、サイズの割に軽かったです。

釣れた場所はいつもの水路です。

ただ、水路の状態も猛暑の影響を受けているようで

減水、クリアーで鯰釣りにはいまいちです。

 

このあとは、近所の川の流れ込みへ。

1バイトでるものらずで、このあとは沈黙。

 

最後に、近所の川最上流部へ行くも沈黙。。。

いよいよ夏本番、鯰がどこかへ移動している様子。

または、夏バテか。。。鯉の動きも良くないので

暑さで活性が下がっているかもですね。

 

ここからが、ある意味、腕の見せ所かも知れませんね。

私には、見せる腕がないですが(笑)。

 

夏本番は流れがあるところ、酸素量が豊富なところ

水温が下がるところ等セオリーはありますが

私の経験上、セオリー通りにはなかなかなりません。

鯰を探すうえでセオリーは考える必要がありますが

地域の特色も大きいと思うので、やはり釣り場へ通って

鯰の居場所を見つけるしかないですね。

 

キャタピーソフト補足

小出しになりますが、泳ぎ出しが鈍いのと、

足場の高さの影響も受けやすいです。

アイにリングを入れることで解消するかもですが

まだ試せていません。

いい方を変えれば、アピール少な目アクションなのかもです。

キャタピーソフトの期待値が高すぎたばかりに

(発売前の期待値は名作キャタピーの120%)

まだ、良い部分をあまり見つけられていません。

(ソフト素材は紛れもなく良い部分です)

しかし、現時点でも普通に使える鯰ルアーではあります。

目標の100匹は超えたので、少しキャタピーソフトをメインにして

鯰釣りをして、場数を重ねて9月の再度、釣れ出すシーズンまでには

レビューをしたいと思います。