読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

管釣り 私の管釣りタックル

本日は管釣りで使っているタックルについて書きたいと思います。

 

私はたぶん漏れず、はじめての管釣りはバスロッドで行きました。

 ルアーも某中古釣具店で適当に買ったスプーンです。

結果

初回は0匹。

2回目はまぐれで2匹(バスの釣り方で)。

友人と軽い気持ちではじめた管釣りですが

あまりの釣れなさが、はまるきっかけとなりました。

 

管釣りにはじめて行く方のイメージと私も相違なく

「魚いるんだし、お金払っているんだから当然釣れるでしょ」

と思っていきましたが、簡単には釣れないというありがちな結果です(笑)

 

そんな経緯があって、釣り方とタックルも調べて

管釣りにも通い現在に至っています。

 

前置き長くなりましたがタックルを書いていきます(汗

 

タックル遷移

ロッド

・ダイワ 昔のバスロッド→軽いルアー投げれる適当なシマノ スピニングロッド

シマノ エリアトラウトワンエリアスペシャルSUL

シマノ カーディフAX UL(現在)

f:id:namazunoko:20170327163719j:plain

以下スペック詳細、またレビューもあったので良ければ見て頂ければと思います。

よいところ

・ULですが軽いルアーも投げやすい

・大きな魚でも寄せやすい

※実はSUL買おうとして間違ってUL買いました。。。結果よかったです(笑

 

よくないところ

管釣り用のロッドが2本目のため正直わかりません

(よいところも以前と比べてになります)

・値段は相応に高い

 

リール

・昔のチームダイワのバス用?リール→シマノ アビリオ

シマノ 12アルテグラシマノ ストラディックCi4(現在)

f:id:namazunoko:20170327163739j:plain

以下スペック詳細、またレビューもあったので良ければ見て頂ければと思います。

よいろころ

・軽い

・巻き心地もなめらか(半年使っていても今のところ問題なし)

 

よくないところ

・値段は相応に高い

・スプールが高い(アルテグラは2000円ちょい)

これは5000円弱だった気がする。

 

管釣りに行くときは基本ロッド1セットです。

(予備は1セット持っていく場合あり)

スプーンしか使わないなので基本困りません。

ラインはPE(バリバス)にフロロのリーダー(ダイワ)です。

ガチガチのバイトをはじきそうなセッティングですが気に入ってます(笑)

上記セッティングの強味は感度と、細いPEでの飛距離くらいです。

弱みは強風、バイトをはじく、沈み難い等あります。

欲を言えば、ナイロンのタックルも用意して

まずはPEの感度を活かして魚の居場所を見つける。

群れを見つけたらナイロンのタックルに交換するなんてアリかもですが。

 

とりあえず、トーナメントとかに出るわけでもない

中途半端なタイプのため、現在は上記の1セットで満足です。

価格は私の釣り具購入のなかでは最高価の部類に入ります。

(無理して買ってしまいました・・・年1度の贅沢です)

あくまで個人的な考えですが、2万以上のタックルは本当の意味で

趣味の領域に入ってくる気がします。

当然、使われる部品、組み立て精度も高いでしょうし、使ってみたい

気持ちがない訳ではないですが、今の私には腕もお金もないので

現在使っているタックルでかなり満足、いえ、もったいないくらいです(汗

今シーズンからのこのセットを使っていますが、

しばらくは、このセットで管釣りに挑みます。

管釣り行くのにもお金かかりますもんね・・・)

 

ここからは、おまけ的な内容ですが

リリーサー

管釣りはじめてしばらく経つと気になるアイテムではないでしょうか。

必要かどうか悩む。。。

私はいきなり高いのは買えないので以下のリリーサーを購入してみました。

f:id:namazunoko:20170327170537j:plain

以下スペック詳細、またレビューもあったので良ければ見て頂ければと思います。

 よいところ

・値段が安い

・そこそこの長さがある(端から端まで30センチちょっと)

 

よくないところ

・とくに見当たらないです(いまのところ)

・あえて言うなら持ち運びが不便

 

上記商品を使ってみての感想ですが、リリーサーあった方がいいと思います。

リリース前提なら、ネットインして魚が暴れることがあると思います。

その際に、魚体にラインが絡んで魚にダメージを与えたり

ライン傷んだり、ルアーがネットに絡んだりすることがありますが、

リリーサーがあればネットインしないでリリースできます。

少し慣れる必要がありますが、魚への負担も少なそうです。

このリリーサー、作りや見た目はシンプルですが

ちゃんとリリーサーの役目は果たします(ネットも持っていきますが)。

いまのところ、他のリリーサーに変える予定もなく

値段以上によいと思います(質感は値段相応です)。

 

使っているスプーンとフックも一応

f:id:namazunoko:20170327172116j:plain

f:id:namazunoko:20170327172124j:plain

 スプーンは基本、ロデオクラフトのNOAとオンビートがメイン、ジキルとBFが少々

他にはダイワ ベガ(0.4グラム)、アイビーラインのペンタ(ボトム用)です。

 

フックは以下の感じで魚の大きさで使い分けています。

f:id:namazunoko:20170327172451j:plain

 

本日は長くなりましたが、以上となります。

3月中の初鯰が厳しくなってきました・・・(汗)

 

※アマゾンのリンクを貼っていますが、ロッドとリールは実店舗で買いました。

衝動買いの要素もありましたが、価格的に見て確かめたいのもありますよね。
(価格は通販のが少し安そうですが)

リリーサーはアマゾンの評判みてそのままポチりました。