基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰ルアー 2017年新製品 ロデオクラフト やわらかPUP

やわらかPUP

 

ついに書きたいと思います(笑)

3回、釣行で使ったので、なんとなく書ける気がしたので。

(釣れた鯰は1匹ですが・・・)

 

では早速ですが

f:id:namazunoko:20170416001056j:plain

特徴はなんと言っても、名前の由来にもなっている

やわからボディだと思います。

 

f:id:namazunoko:20170419223007j:plain

 

よいところ

・ボディからうまく着水させると、ペチッて感じの音で釣れそうな気がする

・壁に当ててもボディが割れない、当てた音もマイルド

・カップ系のアクションはちゃんとしてくれる

・中空ボディだけどカップがついているのでノイジーとしても機能する

・フックも2か所あるので通常のフロッグよりフッキングが良さそう

 

よくないところ

・ボディが冷えるとへこみ気味になる(アクションには影響なさそうですが)

・ボディに水がはいる

・着水音以外のアピールが弱い

・ケミホタルのつける場所がない

・価格がほどほど高い

 

※フックはいつも通り交換しています。

 

総括

ピンポイントで落として着水音で誘う釣りにはすごく向いていると思います。

ケミホタルがつけられないので夜はピンポイントというより、岸際に落として

着水音で誘いだし、カップ音で追わせてバイトを誘う感じでしょうか。

ボディに水が入ったり、フックがボディに刺さったりと、少々扱いが

デリケートな部分がありますがとてもよいルアーだと思います。

(友人との釣行で友人が0バイトに対し、やわらかPUPは5バイトだしました)

 

通常のPUPと、アピールの有無で使い分けをすることで

鯰釣りがより楽しくなりそうです。

 

 

このルアー、私にとっては理想に近いルアーだったのです。

じつは、以前にフロッグを鯰釣りで使っていたことがあるのですが

バイトはよくでるけど掛からないジレンマに悩みました。

障害物が多い場所だったため後部にフックの追加等はできませんでした。

ただ、そのとき中空ボディは誘うのにすごくよいのではと思い

オープンの場所でフロッグに自作カップをつけて後部にフックもつけて試しました。

しかし、そこは不器用かつセンスのない私の改造です。

作りが甘くて数投してカップだけ飛んでいってしまったことを

2回ほど繰り返してからは、中空ボディを使う諦めました(汗)。

 

そんな経験をもつ私が「やわらかPUP」発売を聞いたら

すぐこのルアーに反応してしまいました。

完全に釣られてしまいました。1投1バイトの勢いです(笑)。

自作できない私には、求めていたルアーが市販されてありがたい限りです。

まだ1匹しか釣れてないですが、かなりポテンシャルをもった

ルアーだと思うので、もっと使ってルアーの良さを引き出したいと思います。

 

別カラーも入手 パッケージがPOPですね。

中年オヤジには、買うときに少し恥ずかしいかも(笑)

f:id:namazunoko:20170419224555j:plain