基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

2017年 夜間釣行 4月20日

昨日、友人と夜間釣行へ行ってまいりました。

 

時間は21時から23時半

風は弱く釣りに影響なし。

気温は少し肌寒いくらいでした。

 

結果は

釣果 3匹

今年の合計 6匹

 

前回、前々回の釣行とは違いバイトもでて

1日の釣果は今年最多です。

正直、前回との違いがわかりません(汗)

 

使用したルアーは「やわらかPU」のみ

はやくこのルアーの良さを引き出すべくひたすら投げていました。

 

バイトは全部で6バイト うち3ゲット

 

サイズは1匹目が60ちょい

f:id:namazunoko:20170422005850j:plain

着水後ひと巻くらいで食ってきたので

ほとんど落ちパクに近い状態かと。

 

2匹目

f:id:namazunoko:20170422005955j:plain

60弱くらい

一匹目同様、着水後リトリーブを開始して直後に食いました。

 

3匹目

f:id:namazunoko:20170422010047j:plain

サイズは45くらい

こちらは、リトリーブ中にバイトしてきました。

 

掛けられなかった3バイトはどれも追い食いをしてきました。

もうすぐ、ハイシーズンですね。

5月が待ち遠しいです。

 

今回の主役ルアー「やわらかPUP」の使い方ですが

やはり基本的に落ちパクねらいで着水音で食わせる感じかと。

投げるときも、ちょうどよい高さから、またちょうどよい姿勢から

落とすことを意識して投げないと、このルアーの良さは引き出せないと思います。

 

一緒に行った友人が先に投げていた場所に、後ろからついて投げたのですが

「やわからPUP」は見事にバイトを出してくれました。

友人は当初、キャタピーを投げていてノーバイト状態だったようですが

フロッグにしたらバイトが出たと言っていました。

 

中空ボディのメリットは現時点ではかなり大きいようです。

しかし、各メーカーも必ず中空ボディのノイジーを出すと思いますし

中空ボディが広まれば、、いまのアドバンテージは

減ってしまうのかな。。。なんて思います。

 

そうなると、いよいよトップ以外のルアーが台頭してくるのでしょうか。

何はともあれば、現時点では条件さえそろえば、バイトを出してくれる

「やわらかPUP」は力強い味方です。

 

友人がハードルアーでバイトを出せなかったことを考えると

今回の釣行は「やわらかPUP」の良さを少し引き出せたのかなとも思います。

 

f:id:namazunoko:20170422011014j:plain

 

新しいルアーの使い方は少しわかってきたけど

この川の釣れるとき釣れないときの理由はわかりません。

もう少し通う必要がありそうです。

 

次回は今シーズン最後?の管釣り釣果を記載したいと思います。

4月21日に開成へ行ってきました。

 

ブログを読んで頂ている方

ありがとうございます。