基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

昼間夜間釣行 6月2日

昨日は早起きしたので午前中に鯰釣りに行きました。

夜は友人と以前から約束していた鯰釣りへ。

 

しかし、日中は暑くて釣りがしんどくなってきました。

こういう日が続くと、本格的な鯰釣りシーズンに入った気分になります。

 

早速、釣りの内容ですが、朝6時半頃ポイントに到着。

場所は今年1匹釣れている水路みたいな川。

壁すれすれのここぞという場所に「やわらかPUP」を投げると

落ちパクでヒット!

サイズは60センチ弱

f:id:namazunoko:20170603221029j:plain

 

釣れた場所の10メートル先で再度バイト

フッキングするも、バラシてしまいました。

それからしばらく沈黙が続きましたが

往復の復路でヒット!

やっぱり壁際です。

サイズは55センチくらい?

f:id:namazunoko:20170603221327j:plain

 

この2匹を釣ったあと、近くの水路に移動するも

風が強く釣りにならない。

増水もしていて、なんだか釣れる雰囲気もない。

まだ、時間があるのでいつもの水路へ向かいました。

 

風の影響を受けにくい、いつもの水路ですが

さすがに水面が風の影響を受けています。

風上(上流側)に浮遊物が溜まっています。

この浮遊物の下に鯰がいるのが見えました。

しかも2匹から3匹。

 

ただこの見え鯰

ルアーに興味がないみたいです。

スポーニングでしょうか。

仕方なく鯰がいる反対岸際へ投げたところヒット!

サイズは55センチくらい。

f:id:namazunoko:20170603221747j:plain

 

見えていた鯰にもアプローチを繰り返していたら

バイトはでましたが掛けることはできず。

この鯰は諦めて橋の下狙いへ。

50センチ前後の小さめですがヒット!

f:id:namazunoko:20170603221935j:plain

 

写真が黒っぽいですが、カメラにSDカードを入れるの忘れて

スマホで撮っているので明暗のバランスが悪いです。

きりよく5匹で午前中の釣りを終えたかったのですが

暑くなってきたので4匹で終了となりました。

 

夜は午前中釣れた小河川へ友人と行きました。

デイで釣れたなら夜も釣れるはずと安易に考えて行きました。

午前中に4匹釣れていたので、夜は友人に先行して投げてもらいました。

友人は2バイト、1バラシ(抜き上げでバレてしまいました)

去年はこの川では釣れていない(バイトはあった)ので

いまは良い状態なのかも知れません。

 

復路は友人とわたしで適当にルアーを投げて戻っていたのですが

行きに投げて釣れなかった流れ込みでヒット!

行きに出なかったけど、一応程度のつもりで投げたら落ちパクでした。

サイズは60センチくらいです。

f:id:namazunoko:20170603222538j:plain

 

しかし、この川(水路)。

さすがメジャーポイント、帰り際に鯰釣りの方が来てました。

去年も何回か先行者の方、帰り際に会う方がいました。

この間は平日の昼間にも会いました。

鯰釣り(雷魚釣りの方もいる)をしない方からみたら

ただの汚い?川にしか見えないです。

ある意味、知る人ぞ知る有名な川です(笑)。

 

帰りに午前中に釣れる雰囲気がしない水路も寄ったのですが

やっぱり釣れません。1バイトでたのですが、それ以外反応なし。

水路は狭くて釣りやすいですけど、いろんな影響を受けやすく

状況が日々違うので前回の釣果を期待すると全く違う結果になったりします。

こういった状況になったときのために、ポイントはたくさん知っていることが

鯰釣りに限らず必要だと感じます。

釣れる場所で釣れるときに釣る。

テクニックも大切ですが、鯰釣りはこの要素がとくに強そうです。