基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

昼間釣行 6月7日

昨日は午前中に新規開拓へ行きました。

厳密には去年に1回行っているのですがバイトのみで

釣れていない釣り場です。

 

天気は曇りで風が強い。

新規開拓としては微妙です。

 

早速ですが新規開拓の状況について書きます。

1か所目 小河川の堰下 去年バイトだけ出た場所です。

たぶん、鯰は基本上がれない堰だと思います(大雨が降れば別ですが)。

ポイントの状況としては堰下で流れが2つに分かれています。

その一方が葦や雑草に流れが阻まれて水が落ち着いた場所があります。

ほんの3メートル四方くらいのエリアですが、

丁寧に草際へ「やわらかPUP」を落とすとバイト!

しかし、これは乗らなかったです。

フックに触った感じはなかったので引き続き周辺を探ると

バイト、そしてヒット、そして抜き上げでばらす・・・

ほぼ提灯みたい釣り方で鯰が小さいサイズなので

フックがちゃんと刺さらないみたいです。

さすがにこの場所は諦めて移動。

 

2か所目は少し足場の高い水路とそれに繋がる小河川(水路?)

この場所も去年バイトと目視で鯰をみています。

しかし。。。水量が想定より多い、そして流れが強い。

おまけに去年いた鯉は少ない。

魚が入っていないのか。

 

水路上流から下っていきますが釣れる雰囲気がない。

そのまま、水路と合流する小河川へ。。。

ここも反応がない。

どうするか考えた結果、河川の上流へ。

完全に初場所です。

去年は時期的にか水がなく釣りをしていない場所です。

水深は20センチくらい、川幅は5メートルから3メートル。

田んぼからの濁りが入っている状態。

岸際に金網が入っているのでキャストには気を使います。

岸際すれすれに着水させていると鯰が出てきました。

しかし、アタックせず戻ってしまいました。

いるのは分かったので草際にルアーを着水させていくと

落ちパクでのりました!

サイズは40センチくらい 小さいけど初場所で嬉しい1匹です。

f:id:namazunoko:20170607231013j:plain

 

そのまま岸際を丁寧に打っていくと鯰が姿を見せるときがあるのですが

サイズが小さい!何とかフッキングまで持ち込んでも、鯰が軽いせいか

フッキングが甘く、すぐにばれてしまいます。

ただ、小さい鯰は経験値がないのか、活性が高いのか

フッキングしなければ2,3回は追ってくるので

視覚的には刺激的で楽しめました。

 

そんな調子でキャストを繰り返していると

何とかフッキングまで持ち込めました。

サイズは35センチくらい。。。やっぱり小さい

f:id:namazunoko:20170607231538j:plain

 

この小河川では1匹だけいいサイズが見えたのですが

ルアーに反応しただけでアタックはしてこず釣れませんでした。

実はもう1匹掛けているのですが、抜き上げたときに

岸を転がってお帰りになられました。

この鯰も上記と同じような小さいサイズでした。

 

バイトが減ってきて、かつ時間も迫ってきたので、この小河川は諦めて

最初の水路を上流に向けて上がっていくことにしました。

水深が60センチくらい、流れもあり、トップでは釣り難い状態だったので

ここぞと思う場所以外はルアーも投げず、目視で鯰を探していました。

そしたら。。。

鯰らしき影が。。。ただ、濁りがあるのでよく分からない。

とりあず「やわらかPUP」出動!

反応しました!鯰です、しかもいいサイズ。

ルアーに反応して浮いてきました。

ただルアーの位置が悪いので、いったんルアーを回収。

再キャスト。。。なんとヒット!

かなりデカい。

足場が高いため5メートルタモを持ち歩いていたのですが

普段は3メートルなので使い難い。

ネットにフックが絡んでしまいランディングにもたつきました。

ロッドでの抜き上げは無理そうなので、ルアーが絡んだタモで

そのまま抜き上げてなんとかランディング。

 

草の上から動いて砂というか砂利のうえに出てしまい

衣をつけたみたいになってしまいました。

また、目のそばにフッキングしていました。

f:id:namazunoko:20170607232436j:plain

60は明らかに超えていたので、フックの刺さり位置が問題なく

草の上とかでちゃんと落ち着いてくれればサイズをしっかり計測したかったのですが

軽くメジャーだけあてて、写真をさっと撮ってリリースです。

曲がった状態で適当に図って、小さく見積もっても65センチ。

過去最高タイです。

ちゃんと測れれば過去最高だった可能性がある1匹でした。

 

ただ、こんな状態になってしまった鯰さんには申し訳なかったです。

 

釣りあげた魚を置くためにシートみたいなものを持っている方もいるので

わたしも真似しようかと思った出来事でした。

普段から釣りをしている場所なら、いろいろ対処ができるのですが

新規開拓の場合は、普段とは別の考慮も必要かなと思いました。

 

釣りをしといて言えたものではありませんが

やっぱり、可能な限りよい状態でリリースしたいです。

 

今回の新規開拓の所感

・鯉が少なかった 小さい鯰が複数いた

個人的には鯉がいた方が鯰もいるイメージだったので

今回の鯰が釣れた場所に鯉がほぼいなかったのは意外でした。

とくに完全な初場所では、水深が浅く大きい魚が入り難いのかもしれません。

その結果、小さい鯰が多いのでは、と推測しみたり。

 

今回はデイゲームだったので夜になれば小河川下流部にも

鯰が出てきてサイズも良くなるのではと期待。

今シーズン中にナイトゲームもしてみたい場所だと思いました。

 

地元の方と少しお話したのですが

夜になると65センチを釣った水路の方は

鯰釣りの方が複数いるときがあるとのことです。

たぶん地元では有名な場所なんですよね。