基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

管釣り 開成フォレストスプリングス 6月9日

先日、ほんとう?に今シーズン最後になると思われる

管釣り 開成フォレストスプリングスへ行って来ました。

 

本来であれば5月の釣行で最後になるはずでしたが

刺身で食べれるサイズが釣れず、リベンジの気持ちがありました。

 

そんなとき、アジサイカップなる大物を釣る大会が

6月にあるという情報をみつけました。

もしかしら、この大会のあとなら大物が・・・と期待を込めて

6月9日 ロックの日管釣りです。

 

しかし、この大物への期待が開成で初の経験をさせてくれます・・・

 

当日の状況ですが

時間は7時頃から12時までのAM

風は弱く釣り自体はしやすい状況でした。

しかし、、、暑い。

トラウトの管釣りには厳しい季節です。

天気は晴れですが、午前中は曇りがちだったのでまだよかったです。

 

いつも通りノアの1.8グラムで探るもいまいち。

サイズや色を変えてもダメ。。。

ならばと、久しぶりにオンビートを投入。

わたしの持っているスプーンでは、オンビートが一番反応よかったです。

 

とりあえず、通常の管釣りでのレギュラーサイズです。

開成ではさらなる上を期待します。

f:id:namazunoko:20170611233351j:plain

 

しかし。。。その期待とは裏腹に

f:id:namazunoko:20170611233500j:plain

 

そして、たぶん自己最低記録

f:id:namazunoko:20170611233524j:plain

頭とスプーンが同じサイズ!

小さい魚が増えたとは言え、これはどうかと。。。(汗)

 

めげずに頑張ります。

その結果

f:id:namazunoko:20170611233640j:plain

きた!45センチくらい

このサイズなら刺身にできます。

お持ち帰りです。

 

そして開成のレギュラーサイズも

f:id:namazunoko:20170611233746j:plain

 

釣果としては9匹

厳しかったです。

とくに10時以降は釣れている方はわたし含めてほとんどいないです。

(わたしは下の池にいました)

 

小さいサイズを以前に放流したと聞きましたが

ほんとうに小さいのが増えた印象です。

ただ、時々でかいサイズがライズをしているので

大きい魚がいない訳ではないです。

そう、いない訳ではないのです。

大物への期待が呼び寄せたのか、すごいのが3回も掛かりました。

 

今までに体験したことない引きです。

池のある場所に定位していたのかもしれません。

3回ともほぼ同じ場所へキャストした際に掛かってしまいました。

この謎の魚、当然のように寄せることすらできずラインが切れました。

絶対に鱒類ではありません。

走ったら止められない、止まっても重くて寄せられない。

この魚。。。おそらくチョウザメかそうぎょではないかと思います。

しかも、スレ掛かりだと思います(スプーンを食べると思えないので)

 

今まで開成にきて掛かったことがないのに、この日に限って3回。

1回目はリーダーとスナップの接続部分で切れました。

2回目はPEとリーダーの結束よりかなり上で切れました。

3回目はスプールごとナイロンに変えたのですが、うまくバレてくれました。

 

何年か開成には行っていますが

なぜ、この日に限って今までなかったことが3回。

大物へ期待を掛けすぎたせいでしょうか(汗)

バーブレスなのでフックはいずれ外れると思いますが

魚にフックを残すのは気持ちがいいものではないですね。

 

ちなみに釣った鱒は以下のようになりました。

まずは当日中に柵にして冷蔵庫で1日寝かせます。

f:id:namazunoko:20170611234908j:plain

 

そして、こんなになりました。

ばらちらし風です。

とても美味しく頂きました。

f:id:namazunoko:20170611234956j:plain

 

途中から、謎の大物から料理への流れになってしまいました。

管釣りの釣果に話を戻すと、この日のルアーはもしかしたら

ロール系の動きがよかったのかもしれません。

ノアがダメでオンビートがよかった為の仮説ですが。

いずれも、これからの季節、そして日中はとくに

釣るのが難しくなりそうです。

鱒にも人間にも、初夏の暑さは厳しいですね。