基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

昼間夜間釣行 6月11日

6月11日 前回のブログで書いた新規開拓の場所へ

午前中と夜に行って来ました。

 

風も強くなく釣りにはよい条件でした。

 

まずは川側のポイントへ。

ポイントに到着してわかったことが・・・

前回と違ってかなり水がクリアーです。

嫌な予感しかしません(汗)

 

案の定ですが、前回みたいには鯰がいません。

それでも、葦の中とかは細かく打っていくと

鯰が顔を覗かせますがバイトまで至りません。

日曜日なので、前日の土曜にかなり叩かれているのではと思います。

前回65センチが釣れた水路ではワームが落ちていました。

わたしにとっては新規開拓ですが、知っている方には有名な場所みたいです。

 

なんとかサイトでみつけた鯰もルアーをみると逃げていきます。

バイトまで持ち込めたのは1回だけでした。

しかし、釣ることはできずに水路側へ移動です。

流れがあるので、ルアーを巻いての釣りは難しいので

ピンポイントで釣るか、サイトで釣る感じです。

流れがよどむ場所で、提灯で水面を揺らしていたら

いいサイズが浮いてきましたが、バイトに至らず。

上流側へ釣りあがっていくと、2匹の鯉と一緒に泳ぐ

60センチくらいの鯰を発見。

しかし、これもルアーに反応はするもバイトに至らず。。。

結局、午前中のデイゲームはノーフィッシュです。

 

夜は行かないつもりだったのですが、川の水質がクリアーかつ鯰はいる。

この状況なら夜は釣れると考え、夜にもう一度来てしまいました。

夜は良い意味で予想通り。

午前中はクリアで鯰がいなかった場所でさっそくバイトがでます。

しかし、フッキングはできず、上流側へ釣りあがります。

日中は浅くて鯰が定位し難い場所ですが、夜ならと思いルアーを引くと

バイトがでて乗りました!リベンジ成功です。

45センチくらいのかわいいサイズですが嬉しかったです。

ルアーはいつもの「やわらかPUP」です。

浅いところでは鯰へのプレッシャーも少なく効果抜群だと思います。

f:id:namazunoko:20170614005435j:plain

この後は2回バイトがでましが、のらずにこの1匹のみで終了です。

帰り際に、鯰釣りの方とお会いして少しお話をさせて頂きました。

お会いした方は初場所とのことでしたが、やはりここは鯰釣り師としたら

目を付ける場所なんですね。。。激戦区ばかりです(汗)

 

実は前回のブログから11日までにも、昼間や夜に地元で鯰釣りをしていますが

バイトは出るものの、まったくフッキングせずボウズ続きでした。

わたしのミスで2回くらいチャンスを逃していますが、それにしても乗らないです。

また、地元のいつもの水路ではバイトすら出なくなる異常事態。

そんな中で釣れた1匹だったので、かなり嬉しかったです。

 

ここのところの地元状況は恐らくですが、産卵シーズンに入ったと思います。

ここ数日が大潮だったのと、今日は雨が降ったので

今週末くらいから回復してくれることを期待しています。

春のハイシーズンは終わりました。

これから、ペースダウンで地道に鯰を釣りたいと思います。

 

 

おまけ

11日の釣行で見つけた、日光浴をするアオダイショウ

f:id:namazunoko:20170614010317j:plain

 

17年鯰釣り 計64匹