基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

番外編 2017年 8月23日 海釣り 漁港

仕事が忙しくて少し更新が遅れてしまいました。

 

じつは

 

久しぶりに鯰以外の釣りをしました!

海へ行ってまいりました。

 

とは言っても、わたしの釣りはお手軽さがポイント

車で30分くらいの漁港です。

 

今回は一人ではなく会社の仲間と3人で行って来ました。

釣り部(仮)な感じです(笑)。

 

対象魚は特に決めずにいきました。

わたし以外の2人はほとんど釣り初心者です。

タックルはシマノのコンパクトロッドとリールはシマノのナスキー。

ラインは巻いてあったフロロの8lb。

 

仕掛けは小さい胴突きです。

 

朝4時半集合で現地5時到着

平日にもかかわらずけっこう人がいました。

なので一番よい場所はとれませんでしたが

悪くもない場所で竿をだします。

 

餌はとりあえず、ジャリメとイソメを用意して

反応をみて決めようと思います。

 

海面を見ると小さいなベイトはたくさんいる。

影になる岸壁側へまずは仕掛けと落とす。

魚の反応は。。。

即アタリあり。。。しかし、掛からない。

まるでエサ取り名人。

開始15分くらい

一匹目が釣れました。

f:id:namazunoko:20170825162047j:plain

カワハギ。。。ただ小さい

もうひとまわり大きければ食べるのに(汗)。

どうも餌とり名人はカワハギの仕業か。

 

餌はジャリメもイソメも食いは変わらないけど

餌もちの関係からイソメを選択。

 

このあともアタリは多いものの掛からない。

そして時々かかる魚は。。。

f:id:namazunoko:20170825162212j:plain

やっぱりカワハギ そして、やっぱり小さい

すべてリリースサイズ。

 

時々小さいカワハギを釣りながら時間を過ごしていると

少し違う魚がかかるようになった。

f:id:namazunoko:20170825162312j:plain

イシダイの幼魚かな。。。あまり詳しくないのでわかりません。

ただ、この群れが来たようにカワハギに混ざってぽつぽつ釣れます。

 

岸壁側で多いアタリを掛ける釣りも小物釣りみたいで面白いですが

少し飽きたので、胴突きでのチョイ投げ。

なんだか、時々アタリがあるが乗らない。

ひときわ大きいアタリがあったと思ったら・・・

f:id:namazunoko:20170825162657j:plain

小さいハゼ もっと大きいと思ったのに・・・

 

そんなこんなんで、この後もカワハギ、シマシマを釣って

お持ち帰りサイズは釣れずに釣り部釣行は終了しました。

わたしの釣果は15-6匹かと思います。

 

今回の釣りは海なので奥さんに晩御飯をおかずを期待されるも

見事に応えることができず無念。

 

ただ、今回の目的は一緒に行った2人にも楽しんでもらうこと!

幸い2人とも釣ることができて楽しめたようでした。

暑くなってきたので10時半には切り上げて、お昼ご飯を食べて帰りました。

来月あたり第2回ができたらよいな。。。なんて話もあり

結果はよかったなぁ と一安心。

 

久しぶりに鯰以外の釣りですが、とても楽しかったです。

また、港内にかなりベイトが入っており

漁船の下にはシーバスらしき魚が数匹、サヨリクロダイも見ました。

今日は比較的、状況がよい日だったのかも知れません。

夜にシーバス狙いで行こうかとも考えましたが

気力がなく近所で鯰釣りをして一日を終えました。

(鯰釣りの結果はまた次回で)