基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

海釣り 某漁港で餌釣り 3月12日

先日は久しぶりに海での餌釣りをして来ました。

風も弱く天気が良かったのと

今度、会社の仲間と海釣りに行くので

道具のチェックもかねて行って来ました。

f:id:namazunoko:20180312225230j:plain

 

時間は9時頃から16時前まで。

道具はコンパクトロッドとスピニングリール。

仕掛けは胴突き仕掛けとチョイ投げです。

餌は青イソメ。

 

この漁港自体は夜にライトゲームで何度か来ているのですが

今回、昼間だから入れる防波堤で餌釣りをしてみます。

とりあえず胴突き仕掛けでチョイ投げで探るもアタリなし。

手前を探るもアタリなし。。。早くも釣れる気がしない。

入ったばかりのとき、先行の方がカサゴを釣ったのみたが

それ以降は周りの方も釣れていない。

濁りがあるのと、先日の大雨の影響かゴミが多い。

タコ釣りの方から話を聞くと、雨のあとから状況が悪いとのこと。

常連の方から聞こえてくる話も水温が低すぎるとのこと。

(しかし、この常連の方々の一人はしっかりクロダイを釣ってました、流石です)

 

入ってくる情報はネガティブなことばかり。

しかし、今日は餌釣り。

投げては巻いて、神経すり減らしてアタリを合わせる釣りとは違う。

のんびり、リラックスしながら釣ればいい。。。と

言い聞かせてもやっぱり釣りたい、、、と思うのが釣り人の性。

 

リラックスしながら待ちの釣りを展開する予定だったのですが

釣り人は少なかったので、、、ついランガンをして

堤防際を探りながらの釣りをしてしまいました。

当初は底の状態が分からず、根掛かり多発でげんなりしましたが

先のタコ釣り師の方に海底の状態を教えてもらい

あとは慎重に落とし込みながら、なんとか釣れてくれた魚がこちら。

f:id:namazunoko:20180312225413j:plain

ウミタナゴです。

先日、ルアーで釣れたサイズに比べて小さいです。

ウミタナゴらしいサイズだと思います。

とりあえずゼロは免れたので嬉しいというか安心です(汗)。

この後は場所を少しずつ移動しながら

ウミタナゴを一匹追加。

しかし、この後、しばらく沈黙。

 

最初は濁りがあった潮が少し澄んできました。

海草の位置もうっすら確認できるようになりました。

海草の先に仕掛けを落とすとアタリがでました。

f:id:namazunoko:20180312225907j:plain

嬉しいカサゴです。

サイズが小さいので即リリースですが釣れて嬉しい魚です。

20センチ以上が釣りたいですね。

しかし、期待はむなしくも叶わず

この後は、まったく釣れない状態になりました。

アタリも1回だけで、ハゼみたいな魚が水面まで来ましたがバレました。

ここでランガンを諦めました。

あとはゆっくり、チョイ投げで待つ釣りをします。

 

待てど反応は無し。

まったく釣れる気がしません。

周りの方も沈黙です。

見切りをつけた方は早々に引き上げています。

私はどうするか。。。

のんびり空でも見ながら時間を過ごしました。

f:id:namazunoko:20180312230313j:plain

結果、先に釣ったカサゴが最後になり

釣果としては、ウミタナゴ2匹、カサゴ1匹

どれもリリースサイズでした。

たまには、餌釣りも楽しいです。

ただし、餌釣りも甘くはないですね(汗)。

 

空や海を見ながら糸を垂れる釣りもいいですね。

ゆっくり時間を過ごしながらリラックスタイムです。。。と

言いたいところですが、釣れないと焦る私がいる(笑)。

今度、リベンジしたいと思います。