基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

ソルトルアー 某漁港でライトゲーム 3月30日

本日も早朝(深夜)からライトソルトで

西湘の某漁港へ行って来ました。

 

時間はAM4時からAM7時頃まで。

風が強く波も高い状態です。

まだ数回の場所ですが

今まで来たなかでは一番釣り難いです。

 

まずは漁港の岸壁際を探りますが

まったく反応なし。

ベイトが漁港内へ入っている様子もないです。

 

あまりにも反応がないので

前回の釣行で発見したゴロタ浜へ移動します。

このとき、時間はAM5時前で

まだ、外は暗い状態です。

本当は明るくなってから移動するつもりでしたが

漁港側の反応があまりに悪いので予定を早めて移動です。

 

移動先は。。。

風が強く、波が高く釣り難い。

そして、まだ暗い。

くわえて満潮。。。

想像した通りの結果で根掛かり連発。

風のせいでラインがコントロールできず

おまけに暗くて見えない。

そんな中で釣れてくれた1匹

f:id:namazunoko:20180330234420j:plain

サイズは小さいですがお腹が大きいムラソイです。

今日の釣行では貴重な一匹です。

少し空が明るくなってきた時のヒットです。

満潮で波が高かったこともあり、穴釣りは出来ない状態。

波打ち際から少し離れてのキャストで

岩と岩の間を通したら反応があるも1回目はバラシ。

もう一度おなじ場所を通すと食ってきました。

 

この後も目視できる岩と岩の間をワームを巻き通す釣りを展開しました。

さらに1匹追加。

f:id:namazunoko:20180330234803j:plain

かなり小さいですがムラソイです。

完全に明るくなってからの一匹です。

今日は釣ること自体が厳しい状態だったので

サイズはともかく釣れただけで嬉しいです。

この後、すぐにもう1匹掛かったのですが

取り込みの際に水際でお帰りになられました。

 

今日の釣果は以上、2匹です。

根掛かりでのラインブレイクをきっかけで

この日は納竿となりました。

 

ゴロタ浜での強風、波が高い状態での釣りは初めてです。

(ゴロタ浜の釣り自体2回目ですが)

ラインコントロールや、ルアーを通す場所等

かなり悩み、課題が残りました。

夏までは、頻度は減るかもですがリベンジして勉強していきます。

 

ライトソルトの頻度が減る理由は

もちろん、鯰釣りの開幕だからです。

実は今日の日中に行って来ました。

その結果は次回のブログで書きたいと思います。