基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

2018年 ナマズタックル

今日は日中に鯰釣りへ行きましたが釣れませんでした。

自宅から少し離れた水路へ行って来ました。

先日釣れた水路と異なり、幅も2メートル弱の狭い水路です。

また、この時期なので水が溜まっている場所も限られています。

この水路、水が入るとなぜか釣れなくなります。

水がない時期のが釣れる不思議な水路です。

 

今日は風が強く、ほぼまっすぐキャストができない状態でした。

また、水面が波打ちまくってルアーも綺麗に泳ぎません。

そんな状況ですが2バイトでました。

ただ、水面が安定しない状態なので

鯰がルアーに触れることすら出来ませんでした。

 

この水路で2匹の鯰を目視できました。

ただ、見え鯰は活性が低く、ルアーに反応するも

バイトには至らない状態でした。

この後、少し大きめの水路に移動しましたが

ナマズ雷魚1匹ずつ目撃しましたが釣れませんでした。

この水路は超メジャーポイントで今日も2人の釣り人と会いました。

なんだかシーズンインを実感します。

 

写真も無く釣果0の報告だけでは。。。と思いますので

今年の鯰釣りで使用するタックルを書きたいと思います。

今年はデイとナイトで2セットのタックルを用意します。

まずはデイゲーム

f:id:namazunoko:20180401232318j:plain

ロッドはナマゾンのC74MH

リールはカルコン200です。

正直、鯰にはオーバースペックだと思いますが

鯉や雷魚がかかる可能性もあるのでよしとします。

カーボンで比較的、ほかの鯰ロッドに比べて張りもあるので

デイゲームで掛けてゆくのに向いているかと考えた結果です。

 

次はナイトゲーム

f:id:namazunoko:20180401232708j:plain

ロッドはナマゾンのC68M/G

リールは14スコーピオンです。

ナイトゲームは乗せを意識してグラスロッドを使います。

リールは、スコーピオンの左ハンドルに落ち着きました。

リールに関しては悩みまくっていましたが

妻が誕生日にプレゼントしてくれたので決定しました。

去年はアブ4600C3、今年は14スコーピオン。。。感謝です。

スコーピオンはDCもあるし、新しいシリーズもありますが

個人的にはこのワインレッド、いや小豆色に惹かれるのです。

 

ちなみにラインはどちらのセットもPE5号。

バリバスの鯰ラインの白い方です。

色がついているタイプよりこちらのが個人的は好きです。

 

鯰タックルについては、正直に言えば

デイとナイトで2セット用意しなくても釣れます。

たぶんですが、釣果もそこまで変わらないと思います。

しかし、釣りの楽しみは自己満足!

自分で場所を探して、タックルや仕掛けを考えて

その予想どおりに釣れたときが楽しい。

(予想外でも釣れれば楽しいが。。。)

なので、専用タックルが必要ない等の意見は

バスタックルを流用しやすい鯰ゲームではよく聞きますし、

理解もできます。。。ただただ、自己満足です。

もしかしたら、本当に微妙な差で釣果が分かれる場合は

専用タックルや高級品が強いかも知れませんが。

 

何はともあれ、今年の鯰シーズンは開幕しました。

待ちに待ったシーズンイン。

今年も楽しんでゆきたいと思います。

 

今年の鯰ルアーで気になるのがあります。

ソフトキャタピー? ソフト素材のキャタピーが出るらしいですね。

いつ頃発売されるのだろう。。。