基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年4月20日

本日は仕事が休みだったので

午後からの空き時間を使ってデイゲームです。

 

実は昨晩、自宅から少し離れた川にナイトゲーム

行ってきたのですが、1バイトのみでノーフィッシュ。

気温が低かったですが、状況はそこまで悪くなさそうですが

なぜか釣れずでした。

この川は友人が通ってますが、ここ数日はよくないようです。

そんなリベンジを果たすべくデイゲームです。

 

時間は13時から15時

場所はいつもの水路から少し離れた水路、

そしていつもの水路、水路そばの川へ行きました。

気温は初夏の陽気、風は少しある程度です。

 

いつもの水路へ着くと、数投でバイトがあるも

一瞬フッキングしてばらす。

そして、鯉が溜まっている場所に数匹の鯰を発見。

しかし、鯉の群れの中にいるため、かなりアプローチに悩む。

鯉を避けながらルアーを鯰の前に通すとバイト。

しかし、一瞬フッキングしてばれる。

これで場荒れしてしまったので、目視はできないですが

橋の下を狙っているとバイト、一瞬フッキングでばらし。

とくにフックが丸まっている様子もなくですが。。。(汗)

このあと1バイトあるも掛からず、のらず。。。

粘って釣れてきたのは。。。

f:id:namazunoko:20180420230514j:plain

今季最小の25センチくらいのサイズ。

模様が綺麗ですが、小さい!

しかも、この鯰、このあともう一回釣れました。

どんだけ、お腹が空いているのか

小さいうちは警戒心がないのか、すぐ掛かるんですね。

この経験をいかして大きくなってください(汗)。

 

鯰がいるのは分かっているので後ろ髪ひかれる思いですが

いつもの水路に見切りをつけて

今季はバイトのみで、まだ釣れていない水路へ行きます。

この水路、田んぼの真ん中にあり、いつも風が強い。

今日もルアーを投げると流されるくらいです。

幅が1.5メールあるか、ないかの水路で

一部は金網の柵があるので風があると

かなりやり難いですが、壁際を丁寧にひきます。

反応はいまいちです。

障害物周りで落ちパクが1回あるも2回目はなし。

往路は結局反応なし。

復路は対岸のシェードを丁寧に引きます。

スタート地点まで戻ったところでバイト、フッキングしました。

f:id:namazunoko:20180420231214j:plain

55センチくらいだと思います。

元気でよくひきました。

今シーズン、この水路での初鯰です!

このあとは反応もなく移動します。

 

一旦自宅に戻り、用事を済ませて

いつもの水路へ再チャレンジです。

時間は16時半、水路には影の部分が多くなっています。

日中までいた鯉の群れが減っています。

陽当たりが悪くなり、水温がさがった影響でしょうか。。。

まったくバイトもなく、鯰の姿も見えません。

これは無理そうなので、すぐ見切りをつけて

近くの川へ移動。

ここは鯉がすごい、、、バシャバシャやっています。

渇水気味のため、場所によっては鯉の背中が出ています。

水深のあるところにルアーを投げていると

何か水面下からルアーを追ってきた様子。

再度、投げると。。。鯉!

目が合ったと思った瞬間、ルアーにバイトしました。

デイゲームは強めのロッドなので、なんなく対応はできましたが

これがあるので、鯰のリリースと置き場所がない場合以外でも

ランディングネットがいると思います。

f:id:namazunoko:20180420231916j:plain

60センチちょいくらいでしょうか。

鯰の60センチと違い、鯉の60センチは重い。

そして引きもすごいですね。

今季、初鯉です。。。

 

本日は鯉を最後に、このあとは用事があるので納竿です。

バラシが多く、課題が残る日でした。

良い点としては、いつもの水路にかなりの鯰が入ってきていました。

去年はこの時期に一日7匹の最高記録があります。

私の地元では快挙と言ってよい数です。

今日もバラシさえなければ。。。

上手くいかないことがあるから、次にまた試しての繰り返し。

これが釣りの楽しみでもあります。

なので、課題はあるも、実りある1日として次回へ繋げます。

 

2018年鯰釣果 13匹