基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

管釣り 開成フォレストスプリングス 4月23日

昨日は管釣りへ行って来ました。

場所はホームと呼んでいいくらい行っている

開成フォレストスプリングス。

 

前回の釣行でかなり渋い状態だったので

この日はリベンジです。

。。。が

完全に返り討ちにあいました(泣)。

 

魚のコンディションが良くない状態です。

前日、前々日は夏日。

そして、この日は一転して肌寒く、気温差は10度くらいありそうです。

夏日で水温が上がり、そして急な気温低下で水質は悪化しますし

魚はやる気がまったくなさそうです。

加えて月曜日なので、土日で叩かれている可能性があります。

その分、放流も多いと期待したのですが。。。

原因は暑さなのか分かりませんが、岸際に魚が打ち上げられています。

通常時の開成はこんなことはありません。

ここ最近では、稀にみる状況の悪さです。

 

実際の釣果ですが。。。先に結果を書きますと

4匹

6時頃から12時までやって4匹。

ここ数年でも最低釣果だと思われます。

念のため、もう一度だけ書きますが

ここ最近では稀にみる状況に悪さです。

いつもの開成はこんなではありません。

 

実際の状況を書きます。

まず、魚がとにかく浮いています。

背びれが出るくらい浮いている状態でやる気なしです。

魚がいない訳ではないのです。

魚は沢山います。

浮いているせいで、いつもより目視しやすいくらいです。

ライズもあるのですが、口をいっさい使いません。

朝まずめでも全然反応しません。

そして、この状況で困ることが。。。

スプーンをメインで使う私の釣り方だと

浮いているやる気のない魚がスプーンが来ても全く反応せず

避けてもくれないため、スローにまいてもスレ掛かりしてしまうのです。

しかも、浮いているときはやる気がないですが、開成のレギュラーサイズで

スレ掛かりだと取り込むまで時間がかかり、なんだか魚に悪いし、

手間はかかるしでテンション下がります。

いつもは食い気がなくても、なんとなく避けてくれてスレ掛かりは防げるのですが

こちらが意識してマスを避けて巻かないとスレ掛かりします。

こんな状況なので、いろんなカラーやクランク等もいろいろ試しましたが

答えは見つからないままです。

 

釣り方で正解を見つけられないので場所移動を繰り返します。

釣れないですが、いくつか釣れそうな条件がわかってきました。

反応する魚は流れの中にいる。

水車であれば、水車の掃き出し口直下。

噴水みたいのであれば、これも吐き出し口近辺。

ただし、この時点では反応する魚はいるも、まだ釣れてません。

釣りを開始してすでに2時間以上経過しています。

 

一旦気持ちをリセットするためにトイレ休憩をして

スタッフの方と話して状況を聞くと、サードよりファーストの方が良さそう。

サードは一周したので、休憩後はファーストを回ります。

いつも釣れるワンド側も、なんだか反応がいまいち。

水流を探してランガンをしていると、いい感じの場所を発見。

ファースト一番奥の水車近辺。

誰も入っていないですが、魚の雰囲気を流れのなかに感じます。

少し離れると、ほかの場所同様に魚が浮いている状態。

水車直下にNOA1.8グラムを落としてテンションフォールで巻くと

なんか反応する感じがあります。

ただし、ポイントが岸際でかつ狭い範囲のため

1.2グラムへ変更、ピンポイントで投げるとフォールで食いました。

やっと1匹!悩んだ末に釣れた1匹なので嬉しいです。

f:id:namazunoko:20180424225639j:plain

鰭も綺麗な状態で大きさは40センチちょいですが

よく引いてくれて、楽しめました。

この魚はお持ち帰りして刺身で美味しく頂きました。

 

このあとは水車傍の岸際で1匹追加。

やっぱり、フォールで食う感じです。

フォールっていうより落ちパクに近いかも。

スプーンのカラーは、オリーブ以外では薄いピンクが反応よかったです。

あとはグリーンメッキと、赤金も反応はありましたが

他のカラーはいまいちでした。

ただ、全体で4匹しか釣れていないのでカラーの影響が

どこまで本当か正直わかりません。

 

他に反応したのは、1.2グラムのスプーンで表層シェイキングに反応しました。

なぜかNOAにしか反応せず、JEKYLLの1.1グラムでは反応しません。

フォール中の動きが影響しているのでしょうか。

巻きをしている訳ではないので、ここまで差がでると思いませんでした。

ただ。。。何度も書きますが釣れたのは4匹です(汗)。

 

いろいろ試したあと、NOAオリーブの1.2グラムに戻して追加。

f:id:namazunoko:20180424230534j:plain

これも、ほぼ落ちパクというかフォール中でのヒット。

鰭が綺麗でよく引きました。

今日釣れる魚は鰭が綺麗でよくひきます。

口を使う魚が流れの中にしかいないが影響しているのかもです。

普段なら、ここまでシビアに流れのなかを狙わなくても釣れます。

 

今年一番、いやここ数年で一番厳しい釣行となりました。

周りの方も釣れている様子はほぼなし。

時速1匹ペースでも良い方だと思います。

開成のスタッフブログを見ていると

最近は午前中より午後から夕方にかけてのが良さそうですね。

私は時間の関係から午前中が多いので

懲りずにリベンジをしたいと思います。

 

何度か書きますが

いつもの開成はここまで状況が厳しくなることはないです。

(真夏は行かないので分かりませんが。。。)

工夫をすれば、朝まずめ夕まずめは釣れることが多いです。

多少暖かくなっても、安定した気温が続けばコンディションも戻ると思うので

天気と相談しながら、あらためてリベンジをしたいと思います。

 

負け犬の遠吠えではないですが

こういった釣れないことがあって、工夫して釣れたときが楽しいのも事実です。

とくに管釣りは魚がいることがわかっているので、簡単に釣れすぎても

面白くないと思っています。

釣り人それぞれが工夫をして、その結果、釣果に差が出たりするのが

管釣りの楽しいところであり、それゆえにタックルも突き詰める

傾向にある気がします。

これが自然だと、タックル問題より魚がいないから釣れない。。。なんて

結論もあると思いますが、管釣りは魚がいない、、、という逃げ道はありません。

ゆえに○○縛り、とかも楽しめますし。

 

釣堀と表現すれば、それは正しく、そして簡単そうに思える管釣りですが

ほんとに奥が深く、他の釣りにもいかせる経験が沢山です。

だから、管釣りは楽しいし、やめられないですね(笑)。