基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年4月25日

※本日のブログ

少しだけ、写真に血が写っているので

苦手な方は読まない方がよいかもです。

すみません。。。

-----------------------------------

昨晩は仕事後に鯰釣りへ行って来ました。

時間は22時から23時。

日中にまとまった雨が降ったのでチャンスと思い

多少無理して行って来ました。

ここ最近、仕事が忙しく疲れが溜まっていましたが

雨上がりの誘惑には勝てませんでした(笑)

 

場所はいつもの水路、気温は寒くもなく暑くもなく。

雨が止んで数時間経っているのでいつもより水位は高いですが

すでに落ち着き始めています。

ただし、流れ込みがいくつか出来ていたので

期待ができそうです。

 

まずは水路の上流部を狙いました。

期待に反してまったく反応なし。。。

上流の暗渠部分では、見えませんが鯉が暴れている音がします。

知らない方が、この音を聞いたら、何が起きているか。。。と妄想できるレベルです。

この時期の鯉はあらぶっています。

 

場所を変えて、橋の下に雨のおかげで出来た流れ込み付近を狙うと

バイト、そしてフッキング!

先日と違い、一発でのりました。

f:id:namazunoko:20180426214320j:plain

50センチ弱くらいですが、雨のおかげか元気が良かったです。

 

この日は、ちゃんとルアーを吸い込んでくれるみたいで

先日より活性は高そうです。

しかし。。。活性は高そうですが、かなりまとまった雨だったので

魚がいろんな場所に散ってしまっているようで

バイトが続かない状態です。

この水路、暗渠部分が多く釣りができる区間は数十メートルなので

恵みの雨、活性も高いのに、肝心の鯰が

釣りができる区間から出て行ってしまったかもです。

 

期待していたよりバイトが少ない状況に

少し残念な気持ちになりつつも、次の橋の下と近辺を探っていると

バイト、こちらもフッキングが決まりました!

f:id:namazunoko:20180426214722j:plain

サイズはたぶん60センチくらい。

抜き上げ時に、かなり重たくて手間取ってしまい

フェンスに鯰を少し当ててしまったのと、

暴れた際にフックが鯰の頭に刺さってしまったので

慌ててフックを外そうしたときに悲劇が。。。

 

スピード重視で、鯰の状況を確認せずに

素手でフックを外そうとしたところ、鯰が暴れ私の親指にフッキング!

外そうとしたところで、鯰がもうひと暴れ!

たぶん5ミリくらいフックが入ってしまい、とりあえず抜いたのですが

血がかなり出てしまい、鯰の頭に。。。そして手は血だらけ。。。(汗)

とりあえず、すぐ写真だけ撮って、血だらけの手のまま鯰をリリース。

 

このあと、まだ釣れそうなので、血を何とか止めて

ウェットティッシュで拭いて、釣り再開。

しかし、サミングする際に親指が痛く、キャスティングがうまくいかない。

しまいには木に引っ掛けてしまいました。

毛虫がいる木なので、かなり苦戦してルアーを外して釣り再開。

 

最後の橋の下で、今季で一番いけているバイト音!

パァーン!!!ってでました。

そしてフッキング!!!

いいサイズなので、先ほどの教訓からネットを使います。

ネットの準備していたら。。。ばらしてしまいました(汗)。

 

仕事の疲れもあって集中力がもたず

これで納竿と致しました。

 

フックが刺さった親指は今日も少し傷みます。

フックを外す際は、慣れないうちはペンチで外していたのですが

鯰釣りに慣れてから、状況により素手で外していました。

慣れは怖いです。。。よい勉強になりました。

そして、バーブレスで本当に良かったです。

フックの掛かり方によっては、フィッシュグリップで固定して

フックを外すこともあります。

フィッシュグリップはなるべく口の堅い部分でかけて

摘まむだけの動作で持つように気を付けています。

また、フィッシュグリップ自体もグリップが回るタイプを使っています。

鯰が暴れたときに、グリップが回転すれば口への負担が減るかと考えてです。

釣りをしている時点で言える立場ではないと思いますが

必要以上に鯰を傷つけないようにできたらと思います。

加えて自身の身も守る必要があることを

あらためて勉強できた釣行でした。