基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年4月30日

昨晩は仕事後のナイトゲームへ行って来ました。

場所は「いつもの水路」と今年まだ釣れていない中規模河川。

 

気温は平年並みくらい、風は少しあります。

時間は22時から24時。

今日は「やわらかPUP」ではなく「普通のPUP」です。

リアフックにペラをかまして延長しています。

 

水路での一投目からバイト。

1回目はミスバイトですが、そのままルアーを引いてくると

2回目のバイト、フッキング!

しかし、手前まで寄せたところでばれました。

 

その後は、小さいバイトが1回あるも乗らずです。

1往復目はさくっと様子を見ましたが、

2往復目は丁寧に壁際や橋の下にルアーを通していくと

落ちパクからのフッキングです。

f:id:namazunoko:20180501202548j:plain

写真がぶれてしまい、すみません。

サイズは45センチくらい。

一緒に写っているのが使ったルアーです。

なんとか遠征後に地元で釣ることができて一安心。

 

狭い水路なので、場荒れした可能性も考慮して早めに場所移動。

今年、まだ釣れていない川へ来ました。

一昨年はよく釣れたのですが、去年はいまいちでした。

鯰がいなくなった可能性は低いので

居場所を特定できない状態で昨シーズンは終えてしまったようです。

 

川へ到着して一投目、いきなりバイトがでました。

鯉も多い場所なので、鯉かもですが、たぶん鯰です。

ベイトもたくさんいるポイントですが、その後は沈黙。

ポイントを移動するも反応なし。

この川を含めて、近場に2河川あり、どちらも同じ一級河川の支流です。

私が釣行している範囲では、田んぼに水が入り、流れ込みができないと

鯰の釣果が安定しないように感じます。

おそらく、私が釣行しない区間にいまの時期はいるのだと思いますが

今もこの時期の鯰の場所を特定できていないです。

今年は、この川でも安定して釣りたいですね。

ポイントをローテーションするためにも。

 

4月最後の釣行は1匹で終了となりました。

2018年 4月末までの釣果は23匹となりました。

遠征をして魚影が濃い場所での鯰釣りは文句なく楽しいですが

地元の魚影が薄い中で、いろいろ考えて釣るのも楽しいです。

(あまりにも釣れないないのは辛いですが・・・)

 

ちなみに今日も日中に少し遠目の水路へ行ったのですが

1バイト、1バラシで終了しています。

渇水状態で厳しかったです。

5月初日は0匹スタートとなりました(汗)。