基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年5月8日

今日は雨が止んだ合間をぬってのデイナマです。

前日までの予報では1日雨だったので

せっかくの仕事休みですが、釣りに行けないと思っていました。

しかし、前日夜には雨が止む(時間がある)予報に変わりました。

気温が低いのが気がかりですが、雨の合間なので

鯰の活性が高いかも。。。と期待しての釣行です。

 

時間は9時半から15時。

ポイントは3か所回ったので、釣りをした時間は

計3~4時間だと思います。

 

まずは実績がある、「いつもの水路」から回ります。

見え鯰がいますが、ルアーの着水で逃げます。

連休明けなので釣られている可能性があります。

気温が低く活性もよくないかもです。

それでも、雨のおかげで復活した橋の下の流れ込みを通すと

無音バイト!そのままフッキングしました。

2匹いたようで、もう1匹は逃げていきましたが、

フッキングした1匹はバレずに上げれました。

f:id:namazunoko:20180508190536j:plain

サイズは60センチ弱

ナイスプロポーションでした。

口のところに古傷らしきものがありました。

もしかしたら、釣られたことがある鯰かもです。

 

さらに水路上流に行くと見え鯰が草の影にいました。

鯰の少し手前にルアーを落とすと反応して草影から出てきました。

見切られる前に一旦ルアーを回収して、出てきた鯰の後方から

ルアーをあらためて通すとバイト、フッキングしました!

f:id:namazunoko:20180508190855j:plain

50センチくらいですが、この鯰もナイスプロポーションです。

バイトシーンや鯰のルアーへの反応が見れるのでデイゲームは楽しいです。

デイナマで確認した鯰の反応をイメージしてナイトゲームもできるので

鯰釣りの上達には、デイナマは有意義だと思います。

 

このあとは鯰を見つけるも、すぐに逃げてしまう状態のため

水路に見切りをつけて、そばの川へ移動しました。

しかし、この川では、まったく反応なし、鯰も見つけられずです。

この川にも見切りをつけて、少し遠目の水路へ移動しました。

 

2か所目のポイントとなる移動先の水路は

気温が低いときは釣果もよくないです。

今日も多分に漏れず、まったく反応なし。

付近の水路も同様で鯉ばかり。。。

60センチくらいの雷魚がいましたが、まったく反応しません。

雷魚が釣れてもよいように一応、マウスオープナーを携帯しています)

連休後なもあってか、かなり川岸の草は踏み荒らされており

もしかしたら、場荒れしているのかもしれません。

かなりメジャーポイントなので仕方ないですね。

ここも見切りをつけて、大きく移動します。

 

3か所目のポイントです。

ここも水路となり、またメジャーポイントとなっています。

ここはサイトで釣れる区間もあるのですが

また偏光グラスを忘れました(汗)。

裸眼で鯰を探しながら水路際を歩いていると。。。

護岸上に大きなゴミが複数置いてあります。

おそらくナイトゲームで来た方が、リトリーブ中に

引っ掛かった物体を上げたのだと思います。

この水路、区間によっては、かなり浅くゴミが水面まであるため

昼間の状況を知らないでナイトゲームをすると恐らく根掛かりします。

私も鯰釣りを始めた当初は、ナイトゲームを当たり前と思っており

初めての場所もいきなりナイトゲームをして根掛かりしてました。

いまは、初場所ではいきなりナイトゲームはせず

明るい時間に下見をすることにしています。

 

さて、釣果の方ですが。。。この水路でも0です。

2バイトありましたがフッキングせずでした。

1回目はサイトで見つけた鯰です。2回目は岸際を引いてですが、

どちらも1回のみでフッキングさせられませんでした。

その他に鯰が浮いてきたりの反応はあったのですが

かなりスレている様子でルアーを見て逃げる鯰が多かったです。

この場所は、もう少しすれば鯰も増えてくると思うので

また、日をあけて挑戦したいと思います。

 

今日は3か所のポイントを回って、釣果は2匹です。

最初の「いつもの水路」でしか釣れませんでした。

帰りには雨にも降られてしまい、かなり濡れてしまいました。

気温も低く楽ではない釣行でしたが釣れたのでよしとします。

 

もうすぐナイトゲームも楽しい時期ですね。

夕涼みをしながらの鯰釣りも風情があって好きです。

f:id:namazunoko:20180508192735j:plain

 

2018年 鯰釣り釣果 27匹