基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年6月25日

昨日は仕事のあとにナイトゲームへ行きました。

日中は夏日、夜も暖かい状態で

風も弱く釣りがし易い日でした。

時間は21時頃から22時半頃まで。

 

最初に入った場所は、今年好調な

近所の川の流れ込み。

少し時間が遅かったせいか、魚っ気はあまりないです。

時折、ベイトが跳ねるのと、鯉の波紋があるくらい。

鯰がいるときは、数投でバイトがでますが

この日は反応なし。

少し広範囲に、加えて細かく探ることにしました。

数日前にまとまった雨が降って

少し地形が変わっているので

鯰が付きそう場所を丁寧に探ります。

釣りを開始して30分くらい

足元の駆け上がりと障害物が絡む場所で

突然のバイト、そのままフッキング!

f:id:namazunoko:20180626164955j:plain

サイズは55センチくらいですが、頭が多きく太さもあり

引きがかなり強い鯰でした。

このあとは、回遊してくる鯰を狙うも反応なし。

場所を移動しました。

 

移動先は、先日の雨上がり釣行で調子がよかった最上流部です。

若干減水気味で釣れる雰囲気がない。

小さいバイトが1回あっただけ、あとは反応なし。

仕事の疲れもあったので、この日の釣行でこれで終わりにしました。

 

今日は仕事が休み、午前中は時間があるので

先日、新規開拓した水路へ行ってみたのですが減水。

鯰の反応はまったくなしでした。

小さい水路は水量が安定しないのか難しいですね。

もう少し通わないと分からないです。

別の水路も寄ってみましたが反応なし。

今日は釣果0です。

 

水路は増水している場所、減水している場所が点在している状態です。

水量にあわせて鯰が移動しているのか、今日はまったく居場所が

見つけることができました。

今後はこのあたりの精度をあげることで、

より鯰釣りを楽しめるのではないかと考えています。

 

釣りの楽しみは、魚の引き、食べる楽しみ等がありますが

自分が考えた仮説が証明されたときも充実感が大きいですよね。