基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年7月12日

本日は仕事後のナイトゲームです。

仕事が早く終わり(終らせて)釣具店へ。

 

そう、あのルアーの入荷情報がありました。

 

鯰ルアーに敏感な鯰釣り師であれば

誰もが気になっていたであろうルアー

そのルアーとは

キャタピーソフト」

f:id:namazunoko:20180712232735j:plain

鯰を釣る前に、完全に私が釣られました(笑)

ボディの感触は、思ったより硬かったです。

ウレタンみたいな素材でしょうか。

あと、分かってはいましたが、キャタピーよりだいぶ大きく感じます。

とりあえず、やわらかPUPと比較もしたいので

やわらかPUP同様にフック交換をします。

f:id:namazunoko:20180712233056j:plain

使ったあとに撮ったのでボディが少しささくれています(汗)。

フロントフックはフックの予備がなく番手がいつもより小さいです。

この状況でナイトゲームへ行って来ました。

 

時間は20時から22時頃まで。

風も弱く、気温は季節相応です。

また、夕方に雨が降ったようで

状況的には良いと思われます。

 

場所は近所の川の流れ込みです。

今年は好調で雨後も実績があります。

数投目でバイトがでましたがのらず。

この後、3バイトくらいでるもフッキングしません・・・

一瞬フックに触るのですが、掛からない。

そうこうしている間にバイトが減ってきました。

それでも、ときどき、ベイトが追われている様子があります。

粘って、鯰が通りそうな場所にキャタピーソフトを通していると

バイト、そのままフッキング!

キャタピーソフトでの初鯰、慎重にやりとりします。

f:id:namazunoko:20180712233619j:plain

60センチくらいのよいサイズの鯰です。

バイトも派手で、引きも強く楽しめました。

このあとは場荒れしたみたいで反応なし。

場所移動します。

 

近所の川、最上流部へ来ました。

雨の後は実績があります。

この場所でも数投目でバイト、のらず。

同じ場所を2-3回通すとバイト、フッキング。

f:id:namazunoko:20180712234432j:plain

小さいですが、キャタピーソフトで2匹目です。

サイズは30センチくらい。

ルアーが大きく見えます。

このあともバイトが3回くらいでて、2回フッキングするもバラシました。

雨後のよい状況ではありましたが、バイトは良くでました。

明日は朝が早いので、これで納竿となります。

 

キャタピーソフトについて

もっとたくさん釣ってから、さらにレビューしたいと思いますが

今日、使っただけの感想を書きます。

アクションはキャタピーに比べたら控え目だと思います。

着水音は素材なりの音でよいと思います。

重量はあるので、高くから落とせば大きな音も出せます。

また、重量があるのでキャストしやすいです。

肝心な鯰の反応ですが、今日は状況が良かったと思いますが

バイトは多く引き出すことが出来たと思います。

着水音と追い食いが売りみたいですが

確かにフッキングさえしなければ2回目まではバイトがでました。

しかし、雨後を考慮すると他ルアーでも同様だったかも知れません。

気になる点として、フックチューンに問題がある可能性がありますが

フッキングがあまり良くない気がしました。

大きさ、重量のせいもあるのでしょうか。

「やわらかPUP」とはリアフックのヒートンの場所が違うので

同様のフックチューンではまずい気もします。

フック取り付け位置が下側を向いているので

あまり延長し過ぎない方がいいのかもしれません。

延長し過ぎると状況によってボディ側にフックが来て

フッキング率を下げてしまう気がします。

このあたりは、これから調整が必要になるかと思います。

以上、簡単ですが書いてみました。

 

現時点では「やわらかPUP」のが個人的に使いやすいですが

これから、使い込んで調整をすることで、より良くなる気がします。

バイトが多く出たこと自体は間違えないので

これから、このルアーを育てていきたいと思います。

後は、鯰を数匹釣ったあとでわかる耐久性ですかね。

釣れるルアーの「やわらかPUP」の弱点でもあるので。

 

いずれにしても、今日は発売を楽しみにしていた

ルアーを使うことが出来て、釣ることも出来たので楽しい釣行でした。