基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年8月19日

昨晩、ナイトゲームへ行って来ました。

8月は仕事の休みが前半に集中していて

後半は休みが少ないので、釣りの時間がとり難いです。

 

昨日のナイトゲームは休み前日だったので

21時から24時くらいまでやってきました。

数日前から急に朝晩は涼しくなったので

久しぶりに長袖の上着をきてやりました。

気温が下がったので鯰の活性も上るかなぁ。。。と

期待しての釣行でしたが。。。

 

まずは、近所の川の流れ込みへ。

流れ込み周辺ではまったく反応なし。

最近の傾向として、流れ込み周辺では反応が薄いです。

ただ、ベイトはいます。

徐々にルアーの投げる距離を伸ばしていきます。

そして流心を超えたあたりで鯰らしき反応があるも

バイトが出るまではいかず詳細不明。

さらに流れ込みから扇形に投げる範囲を広げます。

下流側でバイトがでました、しかも追い食いしてきます。

そしてフッキングしました。

サイズは45センチくらいで足元まで寄せて

置く場所がないのでネットランディングしようとしたところ。。。

ネットにフックがひっかかり、ばれてしまいました(汗)。

 

季節の関係から、やはり流れ込み周辺より少し離れた

流心にちかい部分に鯰がいるようです。

下流側は少し場荒れした可能性もあるため

上流側の流心周辺を探っているとバイト!

かなり激しいでかたをしました。

流れのせいかもですが、ドラグが少し出るくらい強い引きです。

一瞬、鯉がかかったのかと思いましたが

今度は、こちら側に突進してきます。

テンションが緩むとばれるので、急いで巻きます。

こういったときはHGのリールでよかったと思います。

そして上がってきたのは

f:id:namazunoko:20180819202112j:plain

サイズは55センチくらいだと思いますが

かなり元気で引きが強い鯰でした。

このあとは反応がないので場所移動。

 

久しぶりに、いつもの水路へ行ってみました。

1回バイトっぽいのがありましたが

そのほかは反応なし。

早めに水路と川の合流部へ移動。

合流部の少し先でバイトがでるも1回のみ。

すこし下流へ移動。

流れ込み、橋下の複合ポイントを狙います。

流れ込みでは反応なし。

扇形に投げる範囲を広げいくと

ルアーを追ってきて足元、流れ込みでバイト。

フッキングはしませんでしたが、流れ込みにまだいる可能性があるので

足元でアクションを入れるとバイト、フッキング。

f:id:namazunoko:20180819202634j:plain

50センチ弱の小さめです。

この鯰も、流れ込みから離れた流心にちかい部分から追ってきたと思われます。

1匹目を釣った場所の下流側になるので、同様の傾向なのかもです。

 

この感じだと、最上流部にはいない可能性が高そうですが

ねんのため行ってみましたが想定通りの反応なし。

8月下旬に入って鯰の着き場が変わったかもしれません。

こらからは秋、冬に向けて鯰が移動をしていくので

いる場所の特定が難しくなりそうです。

 

2018年 鯰釣りの釣果 119匹となりました。

この日で去年の釣果を超えました。

今年の目標は数のうえでは達成となりました。

しかし、大きさでは70センチで去年の最高と変わらず

自己記録は更新できていません。

地元で70センチ超えは厳しいですが。。。

釣れないの覚悟で大物狙いに切り替えるか。

ほんとは、あと1回くらい

プチ遠征にいけたらよいな、と思う今日この頃。