基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年9月11日

本日は仕事が休みだったので

早朝鯰釣りへ行ってきました。

本当は昨晩に行きたかったのですが

雨がなかなか止まず断念、結果早朝狙いとなりました。

時間は4時半から7時。

風は少しあるも釣りには支障はなし。

 

まとまった雨が前日に降ったので期待をして近所の川へ向かいます。

まずは、近所の川、流れ込みへ。

まだ、周囲は暗く、遠くの空に少し明るさが見える状況。

雨が降れば最近不調であった流れ込みに鯰が来るのではと期待。

流れ込みにつくと雨後ですが、水量の変化はなく、少し不安になる。

そんな不安な中ですが、流れ込み直下で一投目から激しいバイトがありました。

ただし、ルアーに触れず。

久しぶりにサイズもよい感じです。

2投目、反応なし。

どこかへ行ってしまったか・・・しつこく流れ込み付近を丁寧に探ると

無音でバイト、そのままフッキングしました。

f:id:namazunoko:20180911162008j:plain

サイズは久しぶりの60センチくらい。

太さもあり、1投目のバイトの正体はこの鯰だと思います。

早起きした甲斐がありました。

この後は、反応が無くなったため場所移動。

 

いつもの水路へ移動、空は明るくなりサイトで鯰を見つけました。

障害物と壁の隙間にいて狙い難い・・・ルアーをピンポイントで落とすと

反応しましたが、フックが障害物に引っ掛かりアクションを付けられず

見切られてしまいました。

このあとは水路も反応なく、水路合流部の川へ行くも、こちらも反応なし。

最後に近所の川上流部へ行くも、まとまった雨が降った影響で

田んぼへの水路を止めたのか、流れ込みがいくつか無くなる、または水量が少なく

いつもより川の水位が低い状態になっています。

障害物も丁寧に打ちましたが反応なしで終了です。

 

早起きして行きましたが結果的には、一番最初の流れ込みで釣れたのみです。

鯰の反応も釣れた鯰と他1回のみで、夏までの雨と比べると反応が悪いです。

それでも、久しぶりに大きな鯰を見れたのはよかったです。

 

秋になると鯰が春ほどではないが釣れ出すとゆうのが定説ですが

私の近所では、その定説が実感できないことが多いです。

鯰が散って効率よく釣れないだけなのか、

または、どこかへ移動して固まっているのか。

今年もその答えは見つけられなそうです(汗)。

 

9月いっぱいは鯰釣りをして、

10月からはライトソルトやシーバスをしようかと思っています。

あと1か月弱ですが鯰釣りを楽しみたいと思います。

サイズの記録更新は来年になりそうです。。。

今年、ハイシーズン後に見つけたポイントがいくつかあるので

来年の5月から7月が楽しみです!