基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

10月最後 寒い日だったけど2匹目のバス(小さい)

10月最後の日、冷え込みも厳しく

秋から冬へ季節が変わっていく気配を感じます。

 

そんな日でも釣り好きは釣りに行きます。

今日は仕事が休みだったので

午前中8時半から2時間、近所の川へ行って来ました。

かなり肌寒い。。。バスは釣れるのか。

 

川に着くと先行者が3名。

釣れているかは不明、ただ干潮から2時間弱でかなり減水。

ベイトはいないことはないが少な目。

 

私は、何か釣れれば、いまのところは幸せなので

4番のオフセットフックといつものワームでテキサスリグ。

 

まずは前々回に鯰とバスが釣れた場所を攻めますが反応なし。

護岸沿いを歩きながら探っていくと足元で反応がありました。

ただし、フッキングはせず。。。たぶん小さいバスかギル。

もう一度、アタリがあった場所にルアーを投げてアクションをつける。

アタリ。。。フッキングしました!

f:id:namazunoko:20181031193423j:plain

15センチくらいの子(豆)バス。

志が低い私は、これでも嬉しさを感じます。

 

このあとも、護岸沿いを攻めましたが釣果はなし。

フッキングしない小さいアタリはありました。

 

少し学んだこととしては

ただ巻は、反応が薄い(時期的な問題もありそう)。

アクションを意識的につけた方が反応がある。

管釣りのスプーンとは少し違いますね。

暖かくなれば、タダ巻きの釣りも成立するのかもですが。

時期のせいか、魚のいるところに落として

リアクションで釣っている感じがします。

 

10月上旬に関西にきてからの釣果

バス2匹、ギル2匹、鯰1匹

時期のせいもあると思いますが

他の方も釣れている様子はあまり見れてないので

バス釣り初心者の私からみれば上出来かと思います。

11月中旬くらいまではバス釣りしようかな。

 

フックはバーブを潰しています。

魚からフックを外しやすいのもありますが、

鯰釣りのときに何度か手に刺さりましたが

すぐ抜けて安全です。

虫エサだと返しがないと厳しいかもですけど。

 

鯰釣りの頻度が減るのとても残念ですが

餌釣りでもルアー釣りでも釣りは楽しい。