基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

再現性確認のための鯰釣行

今回の釣行は前々回に初鯰を釣った場所へいきました。

目的は前回行けなかった上流部の確認

および、1回目の釣果が偶然じゃないかどうか。

 

気温は20度くらいまで上がる様子。

天気は晴れよりの曇りで風も弱くて釣りはし易い状況。

 

まずは前回見ていない上流部の確認です。

この川、すごく浅い部分と数十センチ水がある区間に分かれまます。

なので歩いて鯰を探すには、水がない部分も通る必要があるので

効率が悪く時間がかかります。

それでも上流部に向かって歩くと鯉が溜まって水深のある場所があります。

ただし足場が高くなり過ぎたり、少し釣りがし難い場所でした。

 

上流部も鯰はいるとは思いますが釣りをするのが目的なため

早めに見切りをつけて以前釣れた区間に戻ります。

まずは釣り下っていきますが全く反応なし。

以前、鯰が隠れていた障害物も異常なし。。。

鯰、どこへ行ってしまったのか、前に釣れたは偶然だったのか。

 

釣りができる区間まで下りましたが反応なし、鯰の姿も見れず。

今度は反対岸を釣り上がっていきます。

とにかく鯰が隠れれる水深があれば岸際を丁寧に打っていきます。

そして。。。真っ黒な鯰が草影から出てきました。

なかなかよいサイズですがバイトまでは至らず。。。

そこからさらに10メートルくらい釣り上がると

また、草影から鯰が出てきました。

一点でルアーをアクションさせるとバイト、フッキングしました。

f:id:namazunoko:20190417190407j:plain

長さは55センチくらいだと思いますが

頭が大きく体も太く引きも強い鯰でした。

ルアーはいつもの「やわらかPUP」

本当にピンポイントの釣りには強いです。

嬉しい1本です。

 

この二匹がいた区間をさらに丁寧に探ります。

草影から鯰が出てきました。

ゆっくり出てきてバイト、フッキングしました。

かなり暴れる鯰でばれそう。。。と考えていたら

ばれました。。。(汗)

太さはなかったですが、長さは先ほどの鯰よりありそうでした。

残念。。。

 

このあとは、鯰がいた区間の対岸も丁寧に探りましたが反応なし。

この日はごく限られた区間の片側岸に鯰がいる状態でした。

釣れた鯰も含めて目視できた鯰は全部で3本。

10時頃から2時間くらいの釣行なので悪くない結果だと思います。

夕方であれば鯰を見つけやすくなると思います。

ただしこの場所、おそらくナイトゲームをされる方がいると思います。

草が踏まれたあとも結構ありました。

知る人は知る川なのかも知れません。

 

水路のように狭い川ではないので

日中は効率よく釣るのは少し難しいかも。

でも、夕方、夜やもう少し暖かくなっての早朝とかは

隠れ家から出てきている鯰を狙える場所ではと思います。

 

この場所はそれほど遠くはないので

もう少し大事に探ってみようと思います。

3回連続でデイゲームで釣れているので嬉しい限り。

次回は新規開拓をしようと思います。