基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

電車で行く鯰釣りについて

私が考えていた鯰釣りのイメージ

わりと家の近く、かつ短時間で

しかもトップで狙える釣り。

そして魅力的な捕食音。

気づけばすっかり虜になっていました。

 

そんな鯰釣りですが、神奈川では

先に書いたようなことを実践できていました。

しかし、関西の都市部に住むようになり

交通手段も車から電車になりました。

私生活では車が無くて困ることはほぼないです。

利便性を考えると神奈川で住んでいるときとは雲泥の差です(汗)。

 

ただし釣りに関しては車があった方が良かったです。。。

これは、予想もしていましたが諸事情で仕方なく手放しています。

それでも釣りはしたい。。。

川自体は傍にあります。

鯉、鰻、鯰、シーバス、バス、ギルが暖かくなれば釣れる様子。

これだけでもありがたいですが、、、やっぱり鯰釣りがしたい。

このブログのタイトルでもありますが

「基本は鯰とナマズ釣り」でありたい。

 

去年の10月頃から関西に住んでいますが

冬の間、電車で通える鯰釣りができそうな場所を探していました。

ついでに海釣りや管釣りができるところも。

時期的に海釣りと管釣りから電車釣行を始めました。

海も管釣りも電車で30分くらいなので意外と不便はないです。

ただし、ロッドをモバイルロッドにしたりバッグを変えたり

多少の工夫が必要になります。

問題としては、クーラーを持って行く場合は大変。

また、時間に関しては電車が動いている時間に限られる。

冬の間にそんな電車釣行の予行練習をしていました。

 

そして、鯰釣りシーズンイン

神奈川の友人からバイトが出た、釣れた等の報告がきます。

いよいよ、鯰釣りの電車釣行に挑戦。

釣れそうな場所は電車で30分から60分で数か所。

場所選びはかなり苦戦しました。

できれば駅から徒歩圏内で行きたいので。

それでも、鯰釣りがしたい気持ちが強くて

なんとか候補地を絞れました。

 

実際の電車釣行をしてみて・・・

良い点

・運転の必要がないので座れてしまえば楽です。

 

良くない点

・電車の動いている時間がメインなので夜釣りは難しい。

・電車に乗るで雨に濡れたりができない。

・タックルは現地でセッティングする必要がある

・当然ながら駅近のポイントは少ない。

 

・・・はっきり言って良い点は運転がないくらいです。

それでも鯰釣りが好きなのです。

近所の川で鯰がトップで釣れると楽しいのですが

数回挑戦していますがバイトは1回もないです。

鯰自体いるのは間違えないので

6月くらいまで挑戦して様子をみようと思います。

同時に引き続き電車で行けるポイントも探していきます。

 

そんな訳で電車釣行について書いてみましたが

釣り場に近い方以外は、車は釣り道具の一部と言いますが

本当にそれはそうだなぁ。。。と実際に車を手放して思います。

ただ、釣りが好きなら車が無くても釣りはできます。

公共の交通機関での移動は、他の方に迷惑を掛けないよう

持って行く道具も限られてきますが行けないことはないです。

関西には神奈川で釣り難い魚もいます。

これからも鯰釣りを基本に関西の釣りを楽しんでいきます!

 

最近、またABUのリールを出して来ました。

カニカルブレーキを固定するワッシャーが割れていて使えなかっていなかったです。

最近、注文していた部品がきて修復できたので久しぶりに使ってみました。

オイルやグリスでメンテナスをして投げてみると。。。よく飛びます。

数時間投げるとブレーキに水が入りバッククラッシュしやすくなりますが

投げたあとリールを上向きすれば防げることが分かりました。

私の鯰釣りでは遠投が少なく、落ちパク対策、ピッチングでの手返しの良さを

考慮して左巻きをメインに利用しています(賛否あるとは思いますが)

 

しかし、遠投が多い場所では投げている間に持ち替えてパーミングも

できるので右巻きでも問題ないです(右巻き安定の話もあるみたいですし)。

鯰釣りでの左巻き、右巻きについてはいろいろあるので

別の記事で書きたいと思います。

 

写真は最近、また出してきたタックルです。

グラスロッドでナイトゲームメインのセット。

f:id:namazunoko:20190420094149j:plain

 

去年と比べると鯰釣果は減ると思いますが

引き続きブログの読んで頂ける方、ありがとうございます!

そして、今シーズンから読んで頂いている方、ありがとうございます!