基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2日連続で鯰釣り デイナマ

2日連続の鯰釣り

新規開拓の次の日は

関西に来て初めて狙って鯰が釣れた川へ来ました。

以前に来た時より季節が進んでいます。

遅めの12時スタート、14時終了に短時間釣行です。

 

まずは岸沿いの草影、障害物を狙います。

上流側から釣り下っていきますが

1匹鯰が出てきただけでバイトなし。

今度は折り返して対岸を釣り上がります。

 

少し沖目にある障害物にルアーを通すと

ワンテンポ遅れて鯰が出てきました。

一度ルアーを上げて、鯰の斜め前方からルアーを通すと

バイト、そのままフッキングしました。

f:id:namazunoko:20190504232810j:plain

少し体に傷がある鯰でした。

もしかたらアフターの鯰かも知れません。

サイズは50センチちょいですがパワーのある鯰でした。

 

この川の鯰は比較的サイズがよく

そしてパワーもあるのが特徴だと思っています。

このあとはバイトが出るも乗らない、乗ってもすぐばれる。

フックの予備を切らしており交換ができない。

また、ばらす原因についてランディングに手間取るがあります。

タモ枠がバス用に小さくて60センチ近い鯰は

ネットランディングの難易度が高いです。

もたもたしているとばらしてしまいます。

次回はフック交換とタモ枠をカバンに入れば大きくしてこよう。

 

そんな感じで釣りを続けていると

草影に隠れている鯰を発見。

ルアーを投げるとバイト、フッキング!

ランディングまでしましたが

写真を撮る前にお帰りになられました。

サイズは60センチくらいでした。

 

このあとも60センチくらいの鯰を2回ばらします。

フックが交換するか研がないと無理かもです。

あとルアーとフックの接続について

スイベルつきとリング2連を比べたのですが

フッキングはリング2連のがいい気がします。

ただし、ばれやすいのもリング2連な気がします。

まったく同じ状況で試せないの何とも言えないのですが

次回までに対策を考えてリング2連とスイベルの

良いとこどりができたらと思います。

 

この日の釣果は2本

そして前日同様にばらし多数でした。

釣り具の中で魚と一番近いのはフック。

釣りから帰ったあとに、外出予定ができたので

ついでに釣り具店でフックを買ってきました。

今度はしっかり準備をして釣りに臨みたいと思います。

 

ここまで2019年の鯰は15本。

去年と比べると遅いペースかもですが

関西に来て早い段階で鯰釣りが再開できたのは

本当に嬉しいことです。

歩く距離も増えて健康にも少しよいかな・・・(笑)