基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り モバイルロッド入魂 1日通しで鯰釣り

前回のブログで書いたモバイルロッド。

早く試したくて最短での仕事休みで行ってきました。

 ↓前回の記事です。 

まずは一番のメリットであるモバイル感。

少しケースが重たいですが快適です。

カバンに収納すれば両手が空きます。

飲食店に入るのも長いロッドに気を使わず楽です。

購入目的の一つは達成されています。

 

ここからは実釣でどうかを書いていきます。

この日は前々回のブログで書いた新規開拓をした水路へ行ってきました。

この水路は2回目です。この日釣れれば間違えなしのポイントです。

時間は11時頃から21時まで。

もちろん日中にランチや休憩を挟んでいます。

気温は20度前後で曇りで少し涼しかったです。

 

目的の水路に到着して驚愕。。。水がない。

もともと水深は20-30センチしかない場所です。

この日は10ー15センチくらい。

浅くなった影響で藻が発生、ルアーを巻けない状態。

また、鯉の姿も見えないです。

鯉がいても鯰がいないことは良くありますが

鯉がいない場所に鯰がいることは少ないと思います。

 

さてどうするか。。。水路を一巡しましたが

前回つれた水路はどこもダメです。

少し遠いけど別の水路まで歩きました。。。が

ここは魚影自体が薄い。。。厳しい状態です。

 

ランチ前に一か所、前回は釣れてないですが

少し外れの水路に行ってみることにしました。

目的の水路に着くと水はある、そして鯉もいる。

水は濁っていてサイトはできないです。

とりあえず壁際を丁寧にルアーを巻いていきます。

すると。。。ルアーを追ってくる鯰の姿が!

そしてフッキング!

モバイルロッド入魂!!!

f:id:namazunoko:20190510223939j:plain

45センチ弱で小ぶりな鯰ですが、このロッドでの初鯰。

抜き上げましたが問題ありませんでした。

厳しい状況だったの1本釣れてひとまず安心。

 

さらに同じようにルアーを巻いてくると

1本目と同じように鯰が追ってきました。

バイト、フッキング!

ロッドに負荷をかけてみたく抜き上げますが

抜き上げようとしたところで暴れてばれました。

 

さらに水路を進むと今度はルアーを

通したあとに鯰が浮いてきました。

すぐに見失いましたが、鯰が見えた近辺で

ルアーを提灯で誘うとバイト、フッキングしました。

今度はネットランディングしようとすると

ルアーのフックがネットに絡まりばれてしまいました。

ネットの大きさは前回同様です。

大きいサイズはカバンに入りませんでした。

60センチ近いサイズで高さがあるとランディングが難しいです。

持っていけるサイズでうまくランディングできるよう精進します。

このあとは水路を下っていくと1バイトでましたがのらず。

 

ここで遅めのランチと休憩にします。

あとは、暗くなってから短い区間ですが

水がある水路を探っていくことにします。

 

19時からナイトゲーム開始。

先ほど釣れた水路へ向かいます。

日中と同じように探っていくと無音バイト!フッキング!!

f:id:namazunoko:20190510224944j:plain

45センチ前後の鯰

余裕をもって抜き上げです。

 

そしてさらに追加

f:id:namazunoko:20190510225028j:plain

プロポーションのよい50センチくらいの鯰です。

抜き上げもできますが、フックが外れそうだったので

ランディングネットで取り込みました。

50センチなら問題ないです。

 

先ほど同様に水路を下っていきます。

日中にバイトが出た場所の近くででました!

フッキング!!

60センチ近くありそうです、

抜き上げに挑戦しましたが。

抜き上げ中にばれてしまいました。

ロッドですが途中まで持ち上げ感じでは

60センチくらいでも問題なさそうです。

 

このあとは別の水路へ移動。

前回来た時は水深がありトップは難しそうでしたが

この日は減水しておりトップで巻いていきます。

いい音でバイトが1回ありましたが追い食いはなし。

 

さらに別の水路へ移動。

ここが最後になります。

水がある場所の壁沿いを丁寧に探ると

着水後、ワンテンポ遅れてバイト、フッキングしました!

f:id:namazunoko:20190510225554j:plain

ばれそうだったのでネットランディング。

45センチくらいの小ぶりです。

この鯰を最後に納竿としました。

 

この日の水路は前回とは状況が一変しており

かなり苦戦をしましたが何とか新しいロッドに入魂ができました。

 

新しいモバイルロッドについてですが・・・

ロッド自体も軽くキャストもし易いです。

リールはカルコンだとバランスが

悪い気がしたので14スコーピオンにしました。

この組み合わせもよかったです。

 

鯰を掛けた感じもまったく問題なく

固さはハードで4本継ぎですが程よく穂先からまがり

ばれやすいとかもなくパワーもあり

鯰とのやりとりも問題なくできます。

ただし、どのモバイルロッドも一緒ですが

ロッドを分解するときは壊さないように注意が必要です。

あとはロッドケースが少し重く感じるので

一日持ち歩いて釣りをすると少し負担になるかもです。

でも丈夫なケースは安心感もあります。

トータルでみて満足できるロッドです。

 

強度や耐久性はさらに使っていかないと

分からない部分もありますが

関西での鯰釣行はこのロッドと一緒に

いろんな場所を回っていければと思います。

年数回、神奈川に帰ることもあると思いますが

鯰釣りシーズンであれば

このロッドを持っていこうかと思います。

 

ちなみに水路の減水についてですが

この日は、前回の時に閉じていた水門が開いていました。

水路はこういったこと。。。よくありますよね(汗)

まだ2回目の場所なので、これから知っていきたいと思います。

もうすぐ田んぼに水が入ると思うので

また状況が変わると思います。

良い方向に変わることを祈ります!