基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り デイゲーム 準新規開拓

準新規開拓

なぜ準なのか。。。

ポイントとしては行ったことない場所ですが

水系としては前回同様のため準新規開拓としました。

 

この日は9時から19時

前回行った水系で行ったことがない水路・川を回ります。

いつも通りの日中ランチと休憩はとる。

こちらに来てから短時間のナイトゲームは難しいので

デイゲームで鯰釣りに行くと

ポイントさえあれば丸一日釣りをしていることが多いです。

 

まずは新場所へ行くにあたって通り道の

実績があるポイントでウォーミングアップと

状況確認のため軽くルアーを投げます。

 

この日の天気は晴れ

前回の曇りより鯰の動きは少なそうです。

それでも実績のある場所では鯰のチェイスがありました。

前回よりは厳しそうだと考えながら釣り下っていると

この日の1本目!

草影から出てきました。

f:id:namazunoko:20190518020330j:plain

50センチくらいの綺麗な鯰です。

 

さらに釣り下ると、また草影からでました。

f:id:namazunoko:20190518020429j:plain

先ほどと同様なサイズです。

早くも2本目、幸先良いスタートです。

 

ここからは実績あるポイントを外れて

新規の水路へ向かいます。

そして目的の水路へ到着すると・・・水が少なすぎる。

水路と川の合流部に鯰を目視したのですが

鯉と一緒になって逃げていきました。

次の水路へ向かいます。

 

次の水路へ到着すると水質はクリアー、水深は丁度良い。

しかし鯉の数も少なく期待薄。

それでも流れ込みもあるので水路を上がっていくと

水底に変化が出始めて魚も増えてきました。

泳いでいる鯰も見つけました。

しかし、この見え鯰はルアーを見て逃げます。

さらに釣り上がると冠水植物も出てきました。

そして、冠水植物の中から鯰が出てきました。

ルアーへの反応は微妙でしたが、細かくルアーを打ち直すと

バイト、フッキングしました!

f:id:namazunoko:20190518021007j:plain

丸まって小さく見えますが、かなり太く

サイズも60センチありました。

この水系で釣った鯰では一番大きいかもです。

ちなみに抜き上げましたが

モバイルナマゾン、60センチの太い鯰でも問題ないです。

 

さらに釣りあがると冠水植物から追加で1本。

f:id:namazunoko:20190518021217j:plain

少しサイズダウンしましたが、この日4本目。

 

さらに釣り上がります。

今度は橋の下で落ちパク!

f:id:namazunoko:20190518021310j:plain

まあまあサイズです!

この日、早くも5本目!調子よいです。

 

この水路、水があるところまで行きましたが

釣れた鯰以外にもバラシやバイトが数回ありました。

かなり有望な水路だと感じました。

ただし、この水路は6月以降増水するようで

その時は状況が変わってしまうかもですね。

 

ランチ前に前回の釣行で見つけた水路に寄りました。

この水路はフロッグでバイトが出ましたが

釣れていない水路です。

この日は「やわらかPUP」でいきます。

ちなみにこんな水路です。

f:id:namazunoko:20190518021644j:plain

幅は1メートル前後でウィードが沢山です。

まさにフロッグが活躍しそうですが

ウィードが若干絡みますがフロッグは使いません。

そして、岸際のルアーひとつ分のウィード切れ目にルアーを入れると

f:id:namazunoko:20190518021835j:plain

この日6本目!

この水路では、ほかに1回ウィードに巻かれてばらしました。

こういった水路で釣れるとなんか嬉しいです。

 

そしてランチと休憩を挟んで釣り再開。

次の川へ向かう途中にたまたま見つけた水路。

覗いてみるとなんかいそうな気がする。

そして泳いでいる鯰を発見です。

フッキングまで持ち込みましたがばらす。

入念に水路を探ると泳いでいる鯰を発見。

f:id:namazunoko:20190518022123j:plain

7本目!前回の6本を超えました。

関西に来て一日の最大記録を更新しました。

 

このあと思わぬ展開に遭遇します。

この水路を移動して、通りすがりの水路をみたら

2匹の鯰が産卵行動をしていました。

この水系のスポーニング時期かも知れません。

この日はナイトゲームの準備はしていないので確かめれませんが。

 

さらに進むとは以前は水量がなく魚がいなかった川に

鯰が複数いるのを発見しました。

ただし、バイトはしますが、あまりに早くて

フッキングすることは出来ませんでした。

この川、30分後にあらためて来てみたら

水位がかなり下がっており鯰は移動していなくなっていました。

先ほどは、水位が上がったタイミングで鯰が移動してきたのかも知れません。

この地域、水路にポンプで水を揚水している場所があるようで

夕方になると止まる流れ込みや水位が下がる水路があります。

潮汐とは関係ない減水です。

 

新規の川へ移動する際に前回鯰がいた水路を通るので

ここも少しチェックをします。

ここは遠投が必要ないので、同行していた妻に

ロッドを渡して鯰釣りをしてもらいました。

泳いでいる鯰を発見してルアーを投げてもらうと

フッキング!しかしばれてしまいました。

妻は管釣りや防波堤での釣りはやったことありますが

鯰は初めてです。

ばれてはしまいましたが鯰のバイトと引きは楽しかったようです。

 

そして、この日最後になるお目当ての川に到着。

上流側に先行者がいらしたので、私は釣り下りました。

しかし、魚が少ない。

途中に2匹の鯰をみましたがルアーに対して逃げてしまいます。

先行者の方が見えなくなったので今度は釣り上がっていきます。

なかなか鯰を見つけられない。

それでも諦めず釣り上がっていくと

鯰が出てきました!

しかし。。。ルアーにひげタッチするだけでバイトしない。

この後も、釣り上がる➡鯰でる➡ひげタッチが2回ありました。

 

だんだん暗くなってきたのと釣り上がるにつれて

水深が浅くなってきたので、追加は厳しいかな。。。と思って

最後の流れ込みと思い期待せずにルアーを投げると

落ちパクでバイト!しかしのらない!

ゆっくりそのままルアーを巻くとバイト!フッキング!!

f:id:namazunoko:20190518023549j:plain

この日8本目です!!!

これだけまとまった釣果になったのは久しぶりです。

 

今日の準新規開拓でこのあたりはだいぶチェックできました。

そして、いくつか有望なポイントも見つかりました。

また、傾向として足場がよく釣りやすい場所は

鯰がすれている感じがします。

対して人が少なそうな場所はバイトも大胆に思います。

 

まだ田植えが本格的に始まっていないので

ポイントの状況変化はこれからもあると思います。

でも、そんな変化した状況ので釣り方、釣り場所を

考えるも釣りの醍醐味。

来週は雨が降る日がありそうなので

また雨の後に来てみたいと思います。

 

そういえば1日釣りをすると

最近は、あきらかに午後の釣果が悪いです。

ただし鯰がバイトが無い訳ではないです。

個人的には午前中の活性がいいのかな。。。と考えてましたが

妻に言わせると、一日釣りをしていると午後は疲れて

集中力が切れるのでは推測してました。

一理あるかもと思いました。

ポイント探しが落ち着けば、もう少し短期集中にするか(汗)

 

しかし関西に来て(私の行動範囲で)

こんなに鯰が釣れると思っていなかった。

嬉しい誤算に感謝です。

ナマゾンモバイルも調子よいです。