基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 1日に釣れた鯰の数 記録更新!

先日の休みは鯰釣りへ行って来ました。

場所は安定して釣果がある水路と小規模河川。

いつも通り電車釣行

天気は晴れ、風は午後から多少ある予報。

釣行時間は8時から19時頃

いつも通り日中は長めのランチと休憩を挟む。

 

結果から書くと、1日の釣行で釣れた鯰の数

13本

今までの最高が8本だったので大きく記録更新。

数が釣れたのも嬉しいですが

何より、それだけポイントを見つけられたのが嬉しい。

当然1か所のポイントで釣れたわけではなく

何か所かまわっての結果です。

20キロ以上歩きました(汗)

 

詳しい釣行内容ですが。。。

朝一は実績のあるポイント、川の上流部から入ります。

田んぼに水が入っており、ところどころに流れ込みが出来ています。

この川、田植えが始まれば流れ込みが増えると思っていましたが

予想通りに多数の流れ込みが出来ています。

そして、代掻きの影響で白っぽい濁りが入っている場所もあります。

まずはサイトで鯰を探しつつ流れ込みを集中的に狙います。

すると2か所目くらいの流れ込みでバイト、フッキングするも

すぐにばれてしまいました。

そのあとも流れ込みでバイト、フッキングするも

またもばれてしまいました。

この日はフックの掛かりが浅いです。

鯰の口ぎりぎりに掛かっている感じです。

また、いつも鯰がついている障害物には鯰がいなくて

流れ込み前後についている状況。

結局、このポイントでは1本もあげることができず移動します。

 

次のポイントは水路、水量があった際は実績のある場所です。

ただし、2回行きましたが1回は水がなく釣れてないです。

そして、この日は。。。

水路が繋がる川の水が少ない。。。堰を下げている様子。

水路はだめか。。。しかし、田んぼからの流れ込みで

鯰が泳げる程度の水深はありそう。

念のため水路を釣り上がっていく。

ウィードの脇にルアーを通すと鯰が出てきました。

バイト、フッキング!

f:id:namazunoko:20190607233407j:plain

50センチくらいの綺麗な鯰です。

代掻きの影響か体色が白っぽいです。

 

そしてさらに釣り上がると、木の陰から2匹の鯰が出てきて

1匹がバイト、フッキングするもすぐばれる。

さらに釣り上がる。

またもやウィードの中から鯰が出てきました。

f:id:namazunoko:20190607233605j:plain

2本目の鯰

長さはないですが太い鯰です。

やっぱり白っぽい。

 

さらに上流部の流れ込みでバイトを得るもフッキングせず。

今度は釣り下る。

釣り下る際はフックを交換、さらにスプリットリングで

フックとルアーの接続を延長。

そして、草影にルアーを投げると落ちパク。

f:id:namazunoko:20190607233819j:plain

同様のサイズで白っぽい鯰

3本目。

この鯰を最後にこの水路をあとにします。

このあと、細い水路を狙いましたが1バイトのみ。

暑いので休憩とランチにします。

 

真夏日だったのでランチと長い休憩をとって

しっかり休んで午後からの釣行に備えます。

 

午後からはランチ前に通ってきた水路から開始。

ここも以前は水深がなく釣れない感じでしたが

今回は田んぼからの流れ込みで水量が増えて

鯉も入っている様子。

そして、鯰も1匹確認しています。

岸際の草影にルアーを通すと鯰が出てきました。

そのまま、バイト、フッキング!

f:id:namazunoko:20190607234313j:plain

相変わらず掛かりが浅いですが何とかネットイン

4本目

 

さらに釣り上がると先ほどと同様に草影から

鯰が出てきました。

f:id:namazunoko:20190607234436j:plain

5本目 地面は熱そうなのでネットの中とはいえ

下には置き難い。。。

 

さらに上流側の複合的な流れ込みで追加

鯉と一緒に泳いでいるのが見えました。

f:id:namazunoko:20190607234608j:plain

6本目 サイズはこの日最大の60センチ。

この水路ではこの鯰が最後となります。

 

次のポイントは先ほどの水路が合流する川ですが反応なし。

朝一で入った川の下流から釣り上がっていくことにします。

以前までは堰が上がっていないと水深がなく

釣りができなかったところが、田んぼからの流れ込みで

釣りができる水深にはなっています。

ただし、代掻きの濁りでサイトは効かない状態。

すべてを探っていては日が暮れるので

流れ込みと障害物を中心に探っていきます。

まずは流れ込みで追加

ほとんど足元が草で見えないので感覚でルアーを落として提灯。

f:id:namazunoko:20190607235459j:plain

60センチはないですが頭が大きな鯰です。

7本目

 

今度は岸際の草影で追加。

これも草の隙間からルアーを落として釣りました。

f:id:namazunoko:20190607235600j:plain

8本目 体色は代掻きの影響を受けて白っぽい。

 

さらに釣り上がっていくと

流れ込みで追加。

f:id:namazunoko:20190607235727j:plain

9本目 これも白っぽい

長さはないですが太い!

 

ここまで9本

休憩を挟んで最後の川へ移動

釣り下っていきます。

流れ込み付近の岸沿いにルアーを通すと

バイト、フッキング!

f:id:namazunoko:20190607235929j:plain

少し細いけど50センチちょいの

やっぱり白っぽい鯰。

10本目

 

今度は流れ込みで追加

f:id:namazunoko:20190608000034j:plain

陽が傾き始めての1本

サイズは小ぶりです。

11本目

 

暗くなり始めてきたので最下流部までは行かずに折り返し。

途中、チェイスがあったりバイトがでてもフックに触れず等の

反応があるも釣ることはできず。

復路は時間がないので流れ込みを中心に狙います。

 

釣り下った際にもバイトが出た流れ込み。

流れ込み下流にウィードが溜まっていて

そのうえにルアーを落としてアクションしているとバイトがでます。

多少ルアーに触っても何度かバイトがでます。

恐らくウィードのおかげで鯰がルアーと認識していないんだと思います。

真下に落とすだけなので同行していた妻にロッドを渡して挑戦してもらいました。

しつこく誘っている何度か重みがのるバイトがありました。

そしてついにフッキング!

ウィードまみれの鯰の姿が見えましたが惜しくもばれました。

このあと、妻は楽しかったようで流れ込みだけルアーを落としていきます。

 

釣り上がっていくと、暗がりの流れ込みで鯰の姿が見えたような。。。

妻にルアーを落としてもらいアクションをつけると

f:id:namazunoko:20190608000928j:plain

無事ネットイン

妻の釣った初鯰です。

12本目

 

そして、最後は対岸の流れ込みにルアーを投げて巻いてくると

バイト、追い食いまでしてフッキング!

抜き上げ成功

f:id:namazunoko:20190608001103j:plain

この日最後の鯰です。

13本目

このあともバイトはあったのですが

釣りあげることはできず納竿となりました。

 

歩ける範囲で何か所かポイントを回りましたが

1日で13本は過去最高です。

1か所のポイントでこれだけ釣ればすぐにすれてしまいますが

複数のポイントで釣れたのがよかったです。

平均すると1か所で3本ずつくらいですかね。

明らかに鯰釣りと思われる人が入ったあとは多数あるので

地元の方には有名なポイントかも知れませんが

これだけ釣れるポイントを今年開拓できたのが嬉しいです。

 

サイズについては最大で60センチ

遠征先とはだいぶ違います。

経験からですが鯰の大きさは場所に左右されると思います。

本当に大きいサイズを狙いたい場合は他の場所に行くべきだと思いますが

この場所はいろんなポイントがあり鯰釣りの教科書のような場所です。

関西での鯰釣りはここをホームにしようかと考えています。

こちらに来て鯰を複数回釣った場所は

ここを入れて3か所です。

あと1,2か所ポイントが欲しいので

可能であれば新規開拓もまだしたいです。

 

あっ。。。でも他の釣りも少ししたかったり

神奈川では成立し難い釣りとか。

チニングと太刀魚は関西いる間にやりたい。

いつ異動になるかわからないですから(汗)