基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2週間ぶりに鯰釣り!

気づけば2週間鯰釣りへ行ってなかった。

鯰釣りをはじめてここ数年

シーズン中、2週間鯰釣りへ行かないことはなかった。

神奈川では車で15分圏内に数か所ポイントがあったので

仕事が早く終わったり休み前にはナイトゲームへ行っていた。

今は電車釣行

短時間はもったいない気がして

時間がある休日にゆっくり鯰釣りをしている。

なので鯰の釣れた数は昨年と変わらないが

釣行回数は圧倒的に少ない。

 

海のが近いので2-3時間であれば海に行ってしまう。

しかし、先日の休日はそろそろ鯰釣りへ行きたい。

でも天気は午後から雨

以前なら喜ぶ天気ですが電車釣行は濡れる訳にはいきません。

それでも鯰釣りへ行きたい。

午前中だけですが2週間ぶりに行って来ました。

 

前置きが長くなりましたが釣りの様子です。

天気は曇り、時折雨がちらつく。

風は弱く暑さも控えめで釣りやすい。

ただし。。。減水&前日は晴れ&週末

釣り難い夏に減水、週末なので少し不安。

水の透明度も高い。

 

場所はいつもの川です。

上流側から釣り下っていきます。

目視で鯰を見つけられないので

岸際の草影を打っていきますが反応なし。

高確率で鯰がいる倒木がある場所もダメ。

見切りをつけて水路へ移動。

 

水路も減水。。。水深は20センチあるかないか。

水路を釣り上がっていくと鯰を発見。

f:id:namazunoko:20190714084808j:plain

しかし、一瞬ルアーに反応するも逃げていく。

 

この水路はあまり人が入っておらず(見た目は釣れなさそうなので)

比較的、鯰の反応も悪くないのですが。。。

釣り上がっていくと、流れ込み周辺の草がしっかり踏み込まれている。

梅雨の時期になり人が増えたのかもしれません。

 

それでも釣り上がっていき岸際の草影へルアーを落とすと

鯰が出てきました。

バイトしてそのままフッキング!

f:id:namazunoko:20190714085045j:plain

2週間ぶりの鯰です!

サイズは50センチくらい。

 

そのまま釣り上がり流れ込み。

上流側からルアーを流してくるとバイト

2匹いた模様で1匹がフッキング。

f:id:namazunoko:20190714085222j:plain

サイズは60センチくらい。

この日はアベレージは小さく

この鯰がこの日の最大でした。

 

さらに釣り上がり草影から追加。

f:id:namazunoko:20190714085319j:plain

ネットがデカいので小さく見えますが

50センチちょいの鯰です。

 

水路上流部まできてしまったので

別の水路へ移動。

陽が出ていないので歩くには幾分楽です。

 

似たような水路へ移動してきました。

木が張り出して水面まで覆っているポイント。

ここも高確率で鯰がついています。

しかし、この日はルアーを落とすと

鯰が様子見に来ただけ。

夏バテか。。。それともすれているのか。

上流部は鯰が見つけられず下流部に向けて釣り下ります。

 

岸際の草影を丁寧に打っていると鯰が出てきました。

追うけどなかなかバイトしない。。。

粘ってルアーにアクションをつけているとバイト、フッキングしました。

f:id:namazunoko:20190714085917j:plain

50センチちょいだと思います。

隠れるところが少ないので

岸際に生えている草影や草にゴミが引っ掛かった場所

あとは、流れ込みの泡の中にいることが多いです。

 

このあと引き続き釣り下ったのですが

鯰はいるもののルアーに反応せず

逃げていく鯰がほとんど。

暑さの影響よりすれている感じがします。

前日の夜とかに人が入ってるのかもしれません。

 

先ほどの水路へ戻ります。

1か所時間をあけて打ちたい流れ込みがあったので。

そしてその流れ込みで追加

f:id:namazunoko:20190714090643j:plain

50センチ弱で小さいですが

狙い通り釣れたのでよいです。

 

次の水路へ移動します。

跨げる程度の水路で鯰が1~2匹は入っていることが多いです。

ここで釣りをする人はほとんどいないと思います。

おかげでほとんど草で覆われており蜘蛛の巣も多い。

ポイントは、流れが多少あるので水路合流部で水が淀むところか

草が水面に落ちて流れの抵抗になるような場所。

あとは橋の下。

釣り上がっていくと草影と水中の障害物でバイト、しかしフッキングせず。

細い水路で流れがあるのでフッキングが難しいです。

次は橋の下で無音でフッキング。

鯰が見えたところでばれました(汗)

上流部まできたので、水面が見えない状態で

草のなかへルアーを打っていくと無音バイトでフッキング。

かなりデカい、流れも手伝って寄せるのが大変。

足元まできたので抜こうとするも重たくて抜けない。

草が多くて魚体は見えないが

前に70を高い足場から抜こうとしてロッドを折ったことを思い出す。

草をかき分けがネットを使うことに。

そして上がってきたのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:namazunoko:20190714091627j:plain

久しぶりの鯉、、、長さは60くらいだけど

太くて分厚い。。。今まで釣った鯉のなかで2番目に重い気がする。

(1番は以前に動画2017鯰じゃない!? - YouTubeにした鯉です)

 

このあとは雨が降って来たので

帰り道になる最初に入った川の下流部から釣り上がります。

しかし鯰が少なく、いても逃げていく状態で

1バイトもとれなかったです。

川は水路に比べてアクセスもしやすいうえに

週末でもあるので人が入っているのだと思います。

こういった状態をみるとシフト勤務の自分は

釣りをするには良い環境だと思います。

 

最後にもう1か所の川へ。

ここも思ったより鯰がいない。

これはまずいと思い途中からかなり丁寧に探ります。

先ほどの川と同様で鯰はいても逃げていきます。

流れ込みと冠水植物が絡むポイントで

鯰が出てきました。

そのまま誘っているとバイト、フッキング。

f:id:namazunoko:20190714093004j:plain

50センチ弱で細い鯰です。

暑さもあるせいか2週間前に比べて痩せた鯰が多いです。

これがこの日最後の鯰になりました。

 

帰り道方面に川を釣り上がっていくと

釣り人とお会いしました。

この川は足場もよいので週末や夕方は釣り人と会います。

 

この日の釣果は午前半日で鯰6匹、鯉1匹。

ブログを書きながら思い返してみると・・・

鯰が釣り難くかった原因として

・川の状態がよくなかった

減水に加えて暑さの影響ウィードも少なくなっており

鯰の活性が下がっているのかもしれません。

あと、今年生まれた思われる子魚が多くルアーに誘われないのか。

ただ、痩せている個体も多かったので違う気もしますが。

 

・単純に鯰がすれている

鯰釣りといえば世間的には梅雨から夏?

人も増えて鯰がすれているのかもしれません。

明らかに逃げる鯰が2週間前より多かったので。

 

あと、この日からルアーのフロントフックを外しています。

リアにトレブル4番を1個です。

f:id:namazunoko:20190714094044j:plain

ネットにフックが絡むこともなく

鯰が暴れたときに余計なフックが刺さることもなく

鯰にも人にも良さそうので

このままリアのみでしばらくやりたいと思います。

フッキング率もほとんど変わらないと思います。

ただし、明らかにルアー中央部を食べにきた場合はフッキングしません。

この日も2回ほどありました(汗)

ただ、すぐにルアーを回収してやる気があるうちに

ルアーを後ろ側から追わせるようにすれば釣ることは出来ると思います。

 

長くなりましたが久しぶりの鯰釣り

楽しかったです!