基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

サイトフィッシングでの必需品 偏光サングラス

デイゲームでの鯰釣り

私には偏光サングラスは必須です。

 

サイトフィッシングで対象魚を直接見つけるのはもちろん

ベイトの存在の有無、水中の状態確認など

いろんな場面で活躍します。

 

またクリアな水質でなくても偏光サングラスは

あった方がよいと思います。

水中が見えなかったとしても

表層まで浮いてきた魚が見えることもあります。

 

過去に代掻きでかなり濁りが強い川で鯰釣りをしました。

目視で鯰は見つけられないので草影とかを勘でルアーを投げます。

ルアーを引いてくるとうっすら魚の影が見えました。

恐らく偏光サングラスが無ければ見えなかったと思います。

再度ルアーを投げて点で誘い鯰を釣ることができました。

 

あとサングラスには重要な役割がひとつ

目を守る!

紫外線からも、ルアーからも守ってくれる。

夜はサングラスをしませんが

本当は目の保護のため眼鏡をした方がいいですよね。。。

 

そんな重要な役目を果たす偏光サングラス

しかし、私は偏光サングラスについてひとつ悩んでいました。

それは

度付きにするか・・・

私は中途半端に目が悪く日常生活はほぼ問題ないが

遠くの小さいものが見難い。。。ぼやけて見える。

釣りでは魚を探すときは遠い距離を見ることがしばしばある。

この距離が問題になる。

魚影を見つけてもはっきり見えず、鯰なのか、鯉なのか、その他か、、、

区別がつかないことがある。

そんなときはとりあえずルアーを投げるけど。

 

本当は度付きの変更サングラスを用意するか

コンタクトを付けるのがよいと思われる。

しかし、日常生活ではほとんど必要としない。

仕事でも会議等で離れた場所に投影される資料を見るとき

以外はほとんど眼鏡を掛けることもない。

免許も眼鏡不要です。

(ただ運転は目の調子によって眼鏡をすることもありますが)

 

そんな中途半端な感じなので、コンタクトを用意して

付けるのは億劫なのです(過去に付けたこともありますが)。

じゃあ、度付きの偏光サングラスを作ればよいのですが

。。。値段が高い。

度付きでなければ数千円で買える(高価なものは使ったことないです)。

 

そして前置きが長くなりましたが

この度、度付き偏光サングラスを買いました。

釣りに使うメーカーのサングラスは高い。

私が選んだのは

あの眼鏡で有名なお店「Zoff

フレームとレンズ合わせて12,000円ちょいだったと思います。

高いですが釣り具メーカーやスポーツメーカーに比べればお手頃。

度が強いレンズは不要なので、標準の厚さのレンズで作りました。

f:id:namazunoko:20190907234456j:plain

レンズはブラウンとブラックで

それぞれ濃いめと薄めの色が選べます。

私はブラウンの濃いめにしました。

実際に使ってみると

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・

すごくいい!

はっきり見える

水中の見え方も釣り具メーカーのものと

たいして変わらないと思います。

(個人的主観なのであしからず)

 

度付きのサングラスなので納期は10日位かかりました。

ただ、取りにいったときもフレーム調整など細かくしてくれて

店員さんによるのかもですが丁寧に対応してくれました。

まだ、耐久性についてはわかりませんが

大事に使って魚を釣っていきたいと思います。

 

最近は妻と鯰釣りに行くと、

先に鯰を見つけられてしまうことがありました。

これで私のが先に鯰を見つけられるようになることを期待します!

鯰釣りもあと1か月くらいです。

この時期は川の状況が変わりやすいし

水路は水が無くなってたりするこもあります。

電車釣行なので手軽には行けませんが

今シーズンあと1回くらいは鯰釣りに行きたいと思っています。

最近はいろんな釣りをしていますが

基本はナマズ釣りブログなので(汗)