基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

天候悪くて釣り行けないのでフック交換してみた

また釣りに行けない・・・

要因はいくつかあるが

1つは天候

台風以降、風が強い日が多い。

そして雨も増えた気がします。

もうひとつは。。。体調が完全に回復しない。

体調が万全であれば多少の風は頑張ろうと思うが

若くないので体調が優先となる。

 

そんな、釣りに行けない休日はどうするか

なんかやるべきことがあったか。。。考えてみる。

フック交換しようとして、フックが足らずに交換できなかった

ルアーがあることを思いだした。

f:id:namazunoko:20191021181925j:plain

 

フックは買ってあったので交換作業だけが残っている。

ちなみに使うフックはこれ。

f:id:namazunoko:20191021182018j:plain

錆びに強いとの理由でこれを使っています。

刺さりだけなら、ほかにも良いフックはあるので。

海だと帰宅前に錆びが出るフックもあります。

もちろん、このフック、刺さりも問題ないです。

問題あるとすれば価格か、、、あとバーブレスが生産性終了したっぽい。

通販で値下がりしたときに買ってなんとかしのぐ。

錆びない良いフックでこれより安いフックがあれば悩まず移行します。

 

とりあえずフック装着。

ちょっと番手があってないルアーもある気がするが

使って問題あればまたフック交換します。

f:id:namazunoko:20191021182511j:plain

確か、「にょろにょろ」はシングルフックが付いていた気がします。

ひとまず小さめのトレブル付けましたがバランス大丈夫かな・・・

ふらふらするだけのルアーだからひとまず良しとします(汗)

あと、一番下のダイワのバイブレーション、タチウオ用で

ケミを入れる穴が下部にあるのですが、前回の釣行で

ケミが液漏れしたようで、少しボディが溶けてしまいました。。。

ローリングベイトのフックもデカい気が。。。(汗)

 

若干の不安要素はありますがフック交換は完了

バーブは全部潰してあります。

リリースすることも多々あるので、、、との理由もありますが

何より、自分にフックが刺さった際の安全性が大きいです。

過去に鯰釣りでフックを外そうとして手に刺さり

そのまま、鯰が暴れてえらいことになりました。

血は結構でるし、フックが指貫通しているし。。。

でも、バーブレスなので自分で抜くことが出来ました。

この経験から、鯰釣り以外もルアー釣りに関しては

基本バーブを潰して使っています。

フック外しは横着せず、ペンチとかを使って

安全を確保して外すことが大切と思います。

 

最初は釣り行けない、仕方ないからフック交換しようとの

記事を書こうと思いましたが、、、最終的には

フックを外すときは気を付けよう的な記事になりました。

次の休みは釣りに行けるのか。。。祈ろう!