基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

意図せずベイトシーバスデビュー

釣り行って来ました。

歩いて行ける川

時間は早朝出発

 

早朝なこともあり気温は1ケタ

釣れる気はしませんでしたがロッドを振りたくて、ルアーを投げたくて、バスが釣れたらラッキーくらいで行って来ました。

 

では久しぶりの釣果ブログを書いていきます!

 

釣り場の状況

時間:6:00-9:00

天気:曇り 風は水面が波立つくらい 気温は予報では6度

潮汐:たぶん6:30くらいが満潮?(川なので正確にはわかりません)

はっきり言って寒くて、川で魚を釣るには厳しそうな条件です。

人を避けての釣りでしたが、朝の時点では釣り人はおらずときどき散歩の方を見かける程度。帰りの時間に散歩の方が増えましたが3密状態は避けれたと思います。

 

タックル

ロッド:スコーピオン1703

リール:17スコーピオンDC

ルアー:スピナーベイト、ミノー

実は年始のセールでスコーピオンのロッドを購入しました。去年の年始セールはリールのスコーピオンでした(汗)ロッドについては今回の釣行がデビュー戦です。バスだけでなくナマズや他魚種でも幅広く使えたらと考えて入手しました。

リールもラインを巻きなおしてナイロンの14Lb。去年、フロロからナイロンにリーダーを変えた際にバレ難くなった気がしたので試しにメインラインをナイロンにしてみました。ラインキャパはぎりぎりです。。。

f:id:namazunoko:20200403212714j:plain

 

釣れる気がしない

まずはスピナーベイトを表層から底まで巻いてみますが反応はなし。とりあえず新しいロッドでの投げ心地はいいです。思ったよりルアーの重みもロッドに乗ります。ただし向かい風なのでスピナーベイトだと飛距離はでなかったです(1/2オンスです)。重めのミノーを投げたりしながら、キャストを楽しんでいました。この時点で釣る気はほとんどなくなっており、ストレス解消のためルアー投げている状態。バッティングセンターでストレス解消と似ている雰囲気です。それだけでは何なのでキャスト精度を上げる練習も一応しましたが。。。そんな感じで時間を過ごしていると遠くで魚が跳ねている・・・

 

突然始まったボイル

釣れない気持ちでルアーを投げていると遠くで魚が跳ねた。はじめはボラか鯉かと思って気にせずにいました。またしばらくすると魚が跳ねる・・・跳ねるというより水面で何かしているみたい。。。ボイル?

いずれにしても届かない距離なのでルアーを適当に投げながら様子を見ているとボイルらしきもの近づいてくる。それでもルアーが届く距離ではない。朝まづめの時間は終ったので橋の下に狙いを変える。ベイトだとピンポイントは投げやすいなぁ・・・とか考えながらルアーを投げていると突然数メートル先でボイルが始まった。何を食べているのかこの時点では分からないがボイルで間違えない。水面をよく観察すると2センチくらいのハクの群れがいる。これを捕食している可能性が高い。しかし、今日持っているルアーは1/2スピナーベイトと9センチミノー・・・マイクロベイトには対応できないが、リアクションで偶然釣れることを期待してミノーを投げ続ける。

 

ボイルをしていた魚の正体

しつこくミノーを投げていると、ついにその時がきた!

巻いてくる最中にロッドが持っていかれた。

ベイトなのでスピニングのようにドラグがずるずる出ることはないが、それでも少しドラグが出ている。14Lbなのでたぶん大丈夫だけど一応無理はしないようにやりとりをする。足元まではベイトのパワーを活かして比較的早く寄せることができたが、ここから魚が粘る。少しドラグを締めて浮かせると。。。シーバスだ!もう川に帰ってきた。抜き上げは厳しそうなのでタモを出して取り込もうとするが入らない。ブラックバスくらいしか釣れないと思って30センチ枠のを持って来ていた。

 

久しぶりの釣果!

ランディングで少し手間取りましたが、上がってきたシーバスがこちら。

f:id:namazunoko:20200403215914j:plain

60センチ弱で去年釣った55センチの自己記録を更新しました!

想定外の釣果で嬉しすぎます。

そして、意図せずベイトシーバスデビューをしてしまいました。

加えてニューロッドの初釣行で入魂もできました。

使ったルアーは去年も活躍したダイワのシーバスハンター。

シーバスだけでなくブラックバスも釣れます。

価格も手頃でコストパフォーマンスが高いと思います。

ただし飛距離は期待しない方がいいです。

f:id:namazunoko:20191122113457j:plain

f:id:namazunoko:20191119213916j:plain

※写真は過去の記事でつかったものです。リーダーは当時使っていたものです。

今回のタックルでぎりぎり投げれるルアーです。これ以上軽いルアーだと投げるときにストレスを感じそうです。

ちなみに、この1匹のあとは1回のチェイスとバイトがありましたが追加はできませんでした。

 

ベイトシーバスはありか

個人的にはありです。

とくに近距離で短めのロッドを使えばで投げやすいし、キャストが下手な私にはスピニングよりピンポイントは狙いやすいです。あとはパワーがあるので寄せるが早いですね。これは好みもあると思いますが。あとはベイトリールを投げるのが楽しいという釣果には関係ない部分ですが趣味の要素としては重要です。同じ流域でシーバスとブラックバスも釣れるので軽いルアーを使わないときはタックル兼用で、このスタイルを今年は挑戦してみようと思いました。

 

しばらくは人が少ない平日の夜か早朝に近所の川でしか釣りができなそうです。そんな状況でシーバス、ブラックバスの両方を同じタックルで狙えることが分かったのは大きい収穫です。次回は大きい枠のタモを持って挑戦したいと思います。とにかく久しぶりの釣果で本当に嬉しかったです!

 

おまけ

前回のブログで書いたブリの残りは漬け丼になりました。

とても美味しく頂きました。

f:id:namazunoko:20200403221329j:plain