基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

シーバスは釣れなかったけど嬉しい魚が釣れた!

5月中は近所の川で釣りをしています。ただ近所の川はけして魚影が濃い川ではありません。タイミングが合うと釣れる的な場所です。自粛前はシーバスも上がってきていたのですが、自粛明けはシーバスの姿が見えない。少し前の釣行でシーバスらしき魚を掛けたが春先と比較するとかなり厳しい。加えてブラックバスも去年より少ない気がする。。。そんなタイミングが良くない近所の川であの魚が釣れました。

では久しぶりの釣果がある釣行記事を書いています。

 

釣行当日の状況

時間:17時半から20時

潮汐:干潮前後

天気:晴れ、時折風が強く吹く。

気温は日中は暖かいが夕方以降は涼しかったです。

 

タックル

ロッド:スピニング7ft

リール:ダイワ2500番

ライン:PE0.8

リーダー:12Lb

ルアー:コアマンのワームとジグヘッド

f:id:namazunoko:20200530230511j:plain

たぶん5グラムくらいのジグヘッド(バーブは潰しています)と3インチのワームです(去年買ったものではっきり覚えていないです)。以前の釣行でばらしたときに使っていたのがこのワームでした。また前回に使ったこれより小さいタイプも印象が良かったので、今回はこれをいろんな手法で使うことにしました。

 

釣り開始・・・ベイトも少なく厳しい予感

最近は暗くなってから近所の川に行くことが多かったですが、この日は明るいうちか釣り始めました。しかし、明るい時間帯は風も強くベイトもほとんど見えない状態。そんな状況もあり、この日は釣り座をいつもより絞って狭い区間を濃く釣る作戦です。魚影が薄いのでランガンをしていると万が一回遊が来た際にチャンスを逃がすのではと考えて、移動する際は本流の狭い区間を移動するだけにしました。そんな作戦ですが、明るいうちはベイトも少なく魚の反応もなく静かな時間が続きます。ひたすら投げて巻いてくるスピード、通すラインなど細かく変えながらルアーのアクションなどチェックしながら時間を過ごします。

 

少し暗くなってきた・・・流れの変化でベイトが出る

陽が落ちて少し状況が変わってきました。まず先ほどまで強く吹いていた風が収まってきました。それにともない水面が静かになり流れのヨレにベイトが少し見えました。とはいえボイルが発生するようなこともなく釣れるような雰囲気はない。さらに時間が経過して暗くなってくるとベイトが増えてきました。もしかしたら。。。なんて淡い期待を抱きますが春先のようなボイルが発生することはありません。ただ1回だけ足元でコンコンという反応がありました。アタリなのか鯉かボラに当たったのかはっきりは分かりませんでした。以降は何の反応もないまま時間が過ぎます。潮どまりなのか川の流れもほぼない状態。

 

最後の数投でその時がきました!

ベイトが出す波紋がぎりぎりのモチベーションを保ってくれています。しかし、そんなモチベーションも切れかけて一投投げるたびにこれで最後にしようかな・・・なんて考えながら投げていました。活性が高い魚がいる訳ではないので、釣れなくても練習だと思いいろいろイメージしながらルアーを投げていました。そして、、、丁寧にルアーを巻いていると、コン・・・ゴンとアタリがありティップが入りました!すぐさま合わせを入れるとドラグが出る。この感じはスレではない、魚の引きっぽいです。頭を振っている感じも伝わってきます。バーブレスのジグヘッドなのでテンションを抜けばすぐばれるの細心の注意をしながら慎重にやりとりをします。久しぶりの感触とチャンス、絶対に逃したくありません。そして姿を見せた魚は・・・

 

関西にきて新しい魚種・・・これが釣りたかった!

足元まで寄せてヘッドライトで照らして魚を見る。想定外です!!シーバス狙いで釣れることは世間的にあると思いますが近所の川で釣れるとは。小さめのネットを持っていたのでランディングがし難い。。。ばれないかドキドキしながらネットイン!

f:id:namazunoko:20200530230436j:plain

キビレです!たぶん30センチちょいだと思いますが良く引きました。また重量感もありコンディションが良い個体だと思います。本当に嬉しい!関西に来て釣りたい魚ですが、この日まで釣れていなかったキビレです。そして干潮のど真ん中(厳密には少し上げ始めかもですが)、かつ近所の川で釣れたことも驚きと嬉しさがあります。チニングは電車釣行になる予定でしたが近所でも釣れることが分かったので、秋まではシーバス、ブラックバス、キビレをマルチに狙っていきたいです。あと関西で釣りたい魚?はタコ、できたらイカです。

 

まとめ

翌日仕事なのでキビレを釣ったあとはすぐに帰りました。なので再現性とかは分かりません。これから通って確認をしていきたいと思います。ただ6月からは通常通り釣りを開始したいと考えています。行動範囲を広げるので近所の川での釣行は減ると思いますが、今回のキビレをはじめとしてまだまだ分からないこともあるので時間を作っては通いたいと思います。しかし、ブログタイトルのナマズ釣りに関して今年は1匹も釣れていません(汗)。6月中に1回はナマズ釣りに行きたいともいます。今年の遠征は難しそうですが、引き続きコロナには警戒しつつ通常の釣りに少しずつ戻していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。