基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

バス釣り 早朝のペンシルが大当たり

相変わらず近所の川での釣行記となります。前回の釣行で早朝に魚の活性があがるものの、最近はボイルにまで至らないということを書きました。今回はその対策として新たなルアーを導入、その結果を書きたいと思います。

※前回の記事

namazunoko.hatenablog.com

 

状況

気温:暑いけど30度以下の気がします

天気:晴れ時々曇り

時間:4時半から6時

風:弱風(時々水面が波立程度)

潮汐:たぶん上げ途中

 

タックル

ロッド:ワールドシャウラ2701FF

リール:17セオリー

ライン:PE0.8 リーダー14Lb

 

新たに導入したルアー

f:id:namazunoko:20200825224437j:plain

 

 ※Amazonのリンクは アソシエイトリンクをリンクを 利用しています。

 ソルトルアーですがバスにも使えるちょうどよいサイズです。前回の釣行ではポッパーでナマズが釣れましたがバスは釣れませんでした。ポッパーでは少しアピールが強すぎるかと思い、釣り具屋でフローティングのペンシルを探していたところで目にとまり購入しました。今回はこれをメインに使った釣行です。

 

相変わらずボイルがない早朝

最近は日の出が少し遅くなってきた気がします。暗いうちはいつもシャッドで狙いますが反応なし。少し空が明るくなってきたところで小魚の活性が上がってきます。しかし、期待のボイルは起きません・・・ただ、、、今日は新しいルアーがある!風も弱いのでトップとして使えそうです。

 

新しいルアーを早速投入

満を持して新しいペンシルを投入します。新しいルアーなので動きを確認しながら最適なアクションと巻速度を調整していきます。少しラインに弛みを残してロッド全体を上げ下げすることで綺麗にアクションするポジションを見つけました。扇状に投げながら探っていくと、ルアーの後ろに波紋がでました。そして手前まで来たところで反転していく波紋がみました。これはいけそうな気配です。。。この後、今日のそのときがきます。

 

ペンシルがはまった

先ほどの反応からテンションが上がりました(笑)。こうなるとやる気がでます!集中力があがってロッド操作も丁寧になります。そして、数投しているとボコッと捕食音がしてロッドに重みがのります。バレないでと祈りつつ寄せてあがったきた魚はこちら。

f:id:namazunoko:20200825231317j:plain

まだ薄暗かったので写真がブレていますが20センチちょいの小バスです。小さくてもトップで出ると嬉しい!そしてここからバイトラッシュ!数投していると、またボコッと捕食音。上がってきた魚はこちら

f:id:namazunoko:20200825231456j:plain

先ほどとほぼ変わらないサイズが上がってきました。2回バイトがでて2回とものりました。トップ系としては優秀だと思います。この日はまだ終わりません!このあと数投しているとまたボコッ!先ほどより大きいかも。慎重に寄せて抜き上げた魚はこちら

f:id:namazunoko:20200825231624j:plain

30センチ弱くらいのバスです。近所の川で短時間に3匹は初めてかもしれません。この後は1回ばらしがあって時合が終了しました。時合が続いたのは大体15分ちょい。この短時間を効率よくうまく釣ることができました。また、4バイト中3回の高確率でのせられたのはルアーの性能がよかった為と思われます。ボイルが発生する状況ではないので、高活性とは言えないなかでの、この釣果には満足です。

 

まとめ

釣果自体は3匹でけして多くないですが、内容にはかなり満足しています。早朝の時合を見ているとトップで釣れる雰囲気はありましたが、フロッグやポッパーを使ってもなかなか釣れない(ポッパーは前回の釣行でナマズが釣れましたが)。そのため、もう少し「水面で魚が動いているような波紋を出せるルアー」が良いのではと考えました。そうなると選択肢はひとつ、フローティングのペンシルベイトです。バス用かソルト用か悩みましたが、先に立ち寄ったソルトコーナーでダイワのペンシルが目につきました。サイズ感も近所の川のアベレージを考えると無難。また、秋のシーバス狙いでも使えるかと思い購入。そして結果は記事に書いた通りとなります。

考えて購入したルアーですぐ結果が出ると、これほど嬉しいことはないですよね。。。そして釣りによりはまっていく訳ですが(汗)。考えて検証、検証結果からさらに改良を加えて、、、仕事でいうところのPDCAですね。これを一人で完結できるのが釣りの楽しいところですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。