基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

9月に入っても暑いですね・・・なんとか釣りしています

9月に入りましたが暑さは厳しく、夕方は通り雨が連日です。夕方にアジングへ行きたいのですが雨が心配で行けていません。次の休みは天気さえ問題なければアジングへ行こうかと思っています。そんな訳で釣りは近所の川で短時間釣行をほそぼそとしております。今回は直近2回分の短時間釣行のことを書きたいと思います。

 

状況

気温:暑いけど30度以下の気がします

天気:晴れ時々曇り(夕方は通り雨)

時間:7時半から20時

風:弱風(時々水面が波立程度)

潮汐:前回はあげ始め、今回は上げの潮止まりと思われる

 

タックル

ロッド:ワールドシャウラ2701FF

リール:17セオリー

ライン:PE0.8 リーダー12.5Lb(リーダー細くしてみました)

 

とにかく厳しい

ここ数日は魚の反応が本当に厳しい。少し前から早朝も厳しくなりつつあったが、暑さが続いて本格的に状況が悪くなっている様子。9月中旬を過ぎれば状況がまた変わってくると思うのですが、おそらく今の時期がこの場所では釣り難い。そんな状況ではありますが、諸事情もあり遠出が出来ないので近場の釣り場でなんとか魚が釣れるよう考えます。恵まれているのは、近所の川はルアーで釣れる魚種が複数いること。

 

まず釣れてくれたのは

簡単に釣れる気はしないので、魚が着きそうな場所を丁寧に探っていきます。いつものシャッド系でボトムのゴロタ石にぶつけながらゆっくり巻いていきます。数投同じラインを通していると。。。ヒット!ただ小さい!!寄ってきたのはブルーギル。。。シルエットからそう見えましたが、上げてみると・・・こちらです。

f:id:namazunoko:20200901233700j:plain

キビレです。。。サイズは20センチ前後。寄ってきたときはシルエットからブルーギルかと思いました。この日の釣行はこのあとが続かず時間切れ。次の釣行に続きます。

 

直近釣行も前回同様に厳しい(汗)

じつはこの日、早朝も少し釣りをしたのですが1バイトのみで厳しい。釣りをしている他の方も同様に厳しいとのことでした。本当は夕方にアジングへ行きたかったのですが、夕方はやっぱり雨。雨が止んでからでは遅すぎるの断念。朝の感じから厳しい状況が予想されましたが、釣りはしたいので近所の川へ行きました。前回同様に丁寧に探りますが、この日はキビレの反応もなし・・・

 

ミノーはダメそう、、、ならば

ペンシル、シャッド、ミノー。。。どれも反応なし。いくつかポイントも周りましたがノーバイト。さてどうするか・・・最近使っていなかったアレを使うことに。そしたら・・・ルアーを変えて2投目でヒット!上がって来たのはこちら

f:id:namazunoko:20200901234432j:plain

30センチ弱のバスです。ルアーは小さめのスピナーベイト。これはスピニングでも投げれるのベイトタックルでなくても一つだけケースに入れています。このあとは数投して撤収をしました。暑さと厳しい状況から集中力が持たなかったです(汗)。

 

バスとキビレ

歩いてランガンできる範囲で両方の魚が釣れるのは恵まれています。時期によってシーバスも釣れますし、タイミングが良ければナマズも釣れる。魚影自体はけして濃くはないのですが、複数の魚種がいるので真冬以外は試行錯誤することで、数釣行に1回は何か釣れることが多いです。とはいえすぐにこの状況になれた訳ではなく、関西に来てからもうすぐ2年、結構通った結果釣れるようになった感じです。釣りのテクニックとかではなく、釣り場の状況に合わせるスキルが付いた感じです。同じ釣り場に通うことは大切ですね。アジングもそんな釣り場があればよいのですが・・・

 

まとめ

夏から秋にかけては去年も厳しかった気がします。そろそろワームを使ってネチネチやってみようかな、、、とも考えています。どちらかと言えばハードルアーのが好きですが、ワームで丁寧に食わせて掛けていく感じも好きです。ワームも試したいのがあるので次回はワームで挑戦してみようかと思います。釣りする時間がもっとほしい・・・でも仕事があるから釣りが出来るとも言える。サラリーマンの心の葛藤(笑)。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。