基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

2021年新製品 ナマズ釣り師の視点で見てみた

20年はナマズ釣りが数回の釣行であったけど

いまだにブログタイトルは「基本は鯰とナマズ釣り」

なので、ブログタイトルに恥じぬように

2021年の新製品をナマズ釣り師の視点で見てみたいと思います。

 

私が現在使っているルアー

まずは私が20年から21年にかけての

ナマズ釣りで使ってきた、使おうと思っているルアーです。

f:id:namazunoko:20210131183041j:plain

やわらかPUPを主軸にアピール大きめから小さめで

ハード系やハネものを添えています。

namazunoko.hatenablog.com

やっぱり、ただ釣るだけであればソフト系は強いです。

ただ、釣るまでの過程が楽しいルアーもあります。

ペンシルバグとかフロッグは私的に楽しい系ルアーです。

 

前置きが長くなりましたが

2021年のナマズ釣り師の視点からみた

気になる新製品を書いてみたいと思います。

 

ジャッカル ナジーバグ

www.jackall.co.jp

私的注目ポイント

・中空構造/ソフト素材ボディ
・ハードヘッド/貫通ワイヤー
・専用ソフトバグカップ

 

ボディ構造

2-3年前から流行りはじめたソフト素材

ただし全体をソフト素材ではなく

ヘッド部を樹脂、ボディ部を中空ソフト素材。

ありそうでなかった構成ですね。

キャタピーソフト開発時に

試作はしたみたいな記事はみたことあります。

コストの問題で・・・みたいな感じだった気がします。

 

貫通ワイヤー

やわらかPUPの弱点、樹脂製の芯が折れるが

この構造で回避できるのであれば興味深いです。

ワイヤーなのが曲がる可能性はありそうですが

折れることはなさそうです。

金属疲労とかあるのかな・・・

やわらかPUP ここが・・・ - 基本は鯰とナマズ釣り

 

バグカップ

なんとソフトバグカップ

これはイメージが付き難いです。

当然軽いと思うので水噛みが気になるところです。

高い足場からの動作が気になります。

ただ、ジョイントボディでカバーできたりするのかもです←【修正】素材が違うだけでジョイントではないようです。

4月発売なので、たぶん購入すると思います。

 

アレに似ている

このルアーをみて。。。アレに似ている

このルアー、あれに似ていると思いました。

ジャッカルのニチニチフロイジー

www.jackall.co.jp

これが発売されたときナマズ釣りに使えそうと思いました。

・・・が、結局試してませんが。

樹脂と中空ボディの組み合わせは

このルアーの経験が生きているのでしょうか。

このルアーも売っていれば今年試してみようかな。

釣りに行ければですが(汗)

 

気になる製品がもう一点

 

メガバス バトラク

www.megabass.co.jp

私的注目ポイント

・MonsterKissとMegabassのコラボ
・テール
・ソフトカップ
・パーツの取り外しが可能

 

MonsterKissとMegabass

MonsterKissといえば怪魚ハンター小塚拓矢さん

そしてメガバスが作ったルアー

当然ナマズ釣り師としては気になる一品です。

 

テール

これもありそうでなかった。

シャッドのテールみたいなのがアシストフックについている。

アシストフックはよくありますがこれは斬新です。

カップとテールのアクションが相殺したりしないか気になるところです。

たくさんテストをしていると思うので私が

心配する必要はないと思います(汗)

ただ、世のナマズ釣り師がこのテールをトップと認めるか

気になるところであります(笑)

 

ソフトカップ

ジャッカル同様にソフトカップです。

過去にもソフトカップジッターバグはあったと思いますが

アクションがいまいちと何かでみた記憶があります。

私は興味がわかずに使ったことがないので真相は謎ですが・・・

ただ、カップが軽いので水押しが弱そうなイメージはあります。

しかし、ここにきてソフトカップが増えたことを考えると

全体バランスの問題で、カップ素材自体は

あまり関係ないのかもしれません。

  

パーツの取り外しが可能

アシストフックは当然として、カップやテールも

取り外しが可能なようです。

このルアー1個で3通りの使い方ができるのは

コストパフォーマンスが高いと思います。

メガバスのルアーは価格が高いですが)

気になる点としては、取り外しが可能なだけに

魚が掛かった際に外れたりしないかは気になります。

それが無ければ、かなり良いのではないでしょうか。

これも購入して試したいですね。

 

以上、私的に気になった21年のナマズ釣り師の

視点でみた新製品になります。

 

最後に・・・

カップ素材について

ソフト素材は音だったり、ぶつけても

破損し難いなどの特徴があるかもですが

金属素材の良さもあると考えています。

音はもちろんですが、カップの曲げ具合で音や

アクションを変えられるメリットがあります。
(分厚いのは難しいですが)

どっちもきっと良さがあるのだと思います。

 

最近はナマズ釣りブームも終わり

良くも悪くも落ち着いた感があります。

良い点は釣り場が混雑しない等がありますが・・・

やっぱり新製品とかも少なくなります。

ブーム時は各メーカーがナマズロッドを出したのに

今年は、テイルウォークのNAMAZON MOBILLYくらいか・・・

厳密にいえば、これもナマズ専用とは違いますし。

とはいえ、ナマズ釣りはトップウォーターゲームが中心なので

モデルチェンジはあっても目新しい製品は難しいかもですね。

私的にはブーム関係なくナマズ釣りを

楽しんでいけたらとと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。