基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年5月11日 プチ遠征

昨日はプチ遠征に行って来ました。

前回のプチ遠征と同じ場所です。

前回同様の釣果を期待しての釣行です。

 

現地には8時頃につきました。

風が強くなる予報ですが、朝の時点では弱かったです。

気温は20度前後で暑くもなく寒くもなくです。

まずは水路から入ったのですが。。。

前回と異なり水が澄んでいます。

嫌な予感しかしません。

下流部はまったく反応なし。

浅くなる上流部は鯉が多く、はたいている状態でかなり厳しい感じです。

たまに見かける鯰も鯉のせいか、プレッシャーのせいか

すぐに逃げてしまいます。

良くも悪くも草刈りがされており、岸際の隠れる場所も少なく

見た目にも、以前と比べて鯰が少ないです。

この水路で2バイトでましたが単発で掛けることができませんでした。

粘っても釣れなそうなので水路には見切りをつけて移動します。

 

ランチをとり、ひと休みをしたあとは川です。

駐車場から川までの間に水路があるのですが

ここで鯰を発見するも、ルアーをみて逃げていきます。

GW明けでもあるので、かなりのプレッシャーがかかっているかもです。

 

川について、川岸を歩いていると。。。

草があるところは、踏みしめられており

GW中にかなり人が入ったことがうかがえます。

有名なポイントなので仕方ないですね。

 

人があまり入らない下流側へ向かって釣り進みます。

草が多いところは人が入っていない様子です。

丁寧に岸際を打ちますが、前回のような反応がありません。

それでも、岸際をしつこく打っているとバイトがました。。。が

掛けることができず、単発で終わってしまいました。

前回来たときよりさらに下流へ向かいます。

鯰の反応がないので、より丁寧に打ちます。

そして、待望のバイト。。。無音です。

そのままフッキングしました!

f:id:namazunoko:20180512220024j:plain

サイズは60センチくらい。

春らしいずっしりした鯰です。

 

時間の関係もあるので、ある程度の場所で折り返します。

復路では2バイト、2フッキングするも。。。ばらす。。。(泣)

川の釣果は先ほどの1匹のみ。

そして、帰りに水路を覗いて見え鯰にアプローチするも無視。

残念ながら、今回のプチ遠征は1匹で終了です。

 

前回から約2週間、状況が大きく変わっており

とくに水路では、小場所なだけに影響が大きく感じました。

実は田んぼに水が入るのを期待して臨んだプチ遠征でしたが

田んぼには水が入っておらず、期待外れ結果になってしまいました。

同じ場所でも、タイミングによってかなり釣果が大きく変わります。

釣れた方が楽しいですが、釣れなくても良い経験です。

次回に活かせるよう精進します!