基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年5月25日

静岡遠征から帰宅して翌日

地元での鯰釣り釣行となります。

 

遠征でかなりの数の見え鯰をみて

学んだことも多く、さっそく地元で試してみたく

遠征の疲れが残るなか夕方から釣りをしてしまいました(汗)。

 

遠征で学んだことで大きかったのは

チェイスがあった際に、巻きではバイトまで至らない場合

ルアーをどうアクションさせればバイトまで持ち込めるか。

1つはステイしてのアクション、もう1つは、見切られる前に

一旦ルアーを引き上げてすぐに打ち直して誘う方法。

この2点を遠征で試すことができたので、地元でも試してみます。

あくまでも上記はバイトまでの持ち込みまでで、

フッキングやバラシ削減ではないのですが・・・汗

 

明るいうちはサイトで実績がある場所ですが

今年はまだ1匹しか釣れていない

一番近い川の上流部に入りました。。。が

鯰の姿はまったく確認できず、反応なし。

 

次に向かったポイントは、いつもの水路。

もう暗くなっていたのでサイトでの釣りはできませんが

流れ込みが復活していて、釣れるかもです。

水路上流部は反応なし、中間地点の護岸沿いでバイトがでるものらず。

流れ込み、橋の下でバイトがでるものらず。。。ちょっと焦ります。

最初にバイトが出た護岸沿いを、先ほどとは反対方向から巻いてくると

バイト、フッキングしました!

f:id:namazunoko:20180528111635j:plain

サイズは50センチ強だと思いますが

お腹が大きく釣りごたえのある鯰でした。

このあとはバイトが無くなったので場所移動をします。

 

次に向かったのは、1か所目の川の中流部。

鯰が10日くらい前に産卵場所としていたところです。

すでに産卵は終わっていますが、今年はここが調子よさそうです。

まずは流れ込みで数投するとバイトがでました。

乗らなかったので、すぐに再度投げるとバイトがでますがやっぱり乗らず。

さすがに3回目は反応が無くなりました。

その後は流れ込み周りと駆け上がりを攻めるとバイトがでますがのらず。

あらためて、流れ込みを打つと、バイト、フッキングしました。

f:id:namazunoko:20180528111951j:plain

45センチくらいですが、綺麗な鯰です!

バイト自体も小さく、サイズも小さかったです。

この後、1回大きなバイトが出て、サイズも良さげでしたがのらず。

ただ、魚の気配(鯉もいますが)があるので

少し粘って範囲を広げて多方向に探っているとバイトがたまに出ます。

そして、浅瀬と浅瀬の間のくぼみを巻いてきたときに

バイト、フッキングしました。

f:id:namazunoko:20180528112210j:plain

この鯰も45センチくらいで小ぶりです。

ただ、この場所に鯰がいることがわかったのでよかったです。

去年はこの時期に釣れた記憶がなかったのですが

もしかしたら、タイミングが合わなかっただけかもしれません。

今年はこの場所も通って、規則性を見いだせたらと思います。

 

遠征後の地元初釣行は3匹で納竿となりました。

地元でこれだけ釣れれば満足です!

 

※遠征で学んだことはあまり試せなかった。。。汗

 

2018年 鯰釣果51匹