基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年8月5日

8月5日 仕事が休みだったのですが

日中は猛暑、および日曜日だったこともあり

デイゲームは控えて、ナイトゲームのみ行って来ました。

 

時間は19時半から21時くらい。

風が少し強めに吹いている状況です。

翌日は仕事なので近場だけ回りました。

まずは近所の川の流れ込み。

8月に入って鯰の反応が悪くなりました。

減水傾向なのも影響しているかもしれません。

ここでは1バイトのみで、その他の反応は無し。

バイトも遠慮がちです。

 

場所を移動して、近所の川最上流部へ。

ここも8月に入って反応がよくないです。

この日も多分にもれずルアーを投げても反応がないです。

巻いて釣れる気がしないので

岸際をアップで投げて、ドリフト気味でロッドでアクションをつけて誘います。

流れ込みで数メートル下ったとこで水面に反応がでました。

鯰の可能性があるため、少しルアーをステイさせてアクションをつけると

バイト!そのままフッキングしました。

f:id:namazunoko:20180807212905j:plain

サイズは50センチ弱

釣れる気がしなかったので嬉しい1匹です。

この後は鯰の反応は無し。

鯉が1回掛かりましたが、うまくばれてくれました(汗)。

 

8月に入って例年ではありますが、私の地元では難しい状況です。

鯰が川からいなくなることはないので、どこかにいると思うのですが

または、いても反応しないだけなのか。。。

私がメインにしている川は足場等の関係で入れる場所が限られるのですが

もしかたしたら、まだ入れてない場所にいるのかもですね。

 

鯰釣りが流行るまでは、鯰釣りといえば夏のナイトゲームという

イメージがあったと思います。

地域にもよると思いますが、私の地元では8月が一番厳しいです。

それでも去年は例年に比べて少し状況がよかったですが

猛暑が7月から始まった今年は厳しいです。

もし、これから鯰釣りを始めようと考えている方がいるなら

おすすめ季節は間違いなく5月から6月をおすすめします。

 

そんな厳しい8月でも、私は鯰釣りが好きなので

のんびり鯰釣りをしたいと思います。

この時期に釣れると、春から初夏とは違った嬉しさもありますしね。

完全に自己満足ですけど(笑)。