基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 遠征に行って来ました 遠征2日目

前回の続き

2019年 鯰釣り遠征の2日目です。

 

2日目の天気は午後早い時間から雨予報。

夜は本格的な雨に加えて風も強くなるようです。

2日目は宿泊先で用意があるレンタサイクルでポイント移動をします。

久しぶりに自転車乗って釣りに行きました。

 

1か所目のポイントは去年も釣りに来ており実績もある場所です。

くわえて今回は実績あるポイントの少し下流も行きました。

車だと駐車場所の関係で行けてない場所ですが自転車であれば問題ありません。

釣りの方ですが。。。まずポイントに到着して思ったのは

去年より川の中から伸びている草が多い。

ルアーをまっすぐ引けないし、サイトもし難いです。

まずは上流へ向けて釣り上がっていきます。

想定外に鯰が見つけられない。

代掻きの関係か濁りも強く鯉すら見つけにくい状況。

時折、鯉が多い区間があるも鯰は発見できます。

目視できない草影を狙うも反応なし。

そんな状況で鯰に巡り合えずに最上流部に来てしまいました。

午後から雨予報で時間が限られるため

釣り上がる際は効率よく歩きましたが

それでは釣れない。。。戻りは丁寧にピンを狙っていきます。

 

橋と流れ込みと草が絡むポイントを丁寧に探ると鯰が出てきました。

ルアーを動かし続けるとバイト、フッキングしました!

f:id:namazunoko:20190601221754j:plain

2日目の1本目もよいサイズ、65センチ超えてきました!

重量感がある1本です。

この調子で。。。とはいかず苦戦が続きます。

さらにシビアに狙うために草の中へルアーを投げ込みます。

すると鯰からの反応が出るようになりました。

ただし、こちらからは目視できない状態です。

そして、しつこくルアーを投げていくと

草の中でフッキング、そのまま抜き上げました。

f:id:namazunoko:20190601222144j:plain

50センチ前後

今回の遠征では小さい方です。

 

さらに釣り下り、橋と流れ込みの複合ポイント。

流れ込み下流の橋下にルアーを投げると

2匹の鯰がルアーを追います。

そして1本がバイト、フッキングしました。

f:id:namazunoko:20190601222308j:plain

これも先ほど同様に50センチくらい。

けして小さい訳ではないですが

今回は60センチ以上に慣れていたので少し物足りなさを感じます。

 

ここまで釣果3本でスタート地点まで戻ってきました。

ここからは釣り下るのですが初めて入る区間になります。

このタイミングで雨も降り始めました。

自転車なので多少の雨は許容します。

電車だとそうはいきませんが(汗)

 

草影に鯰を発見!

ルアーを投げると反応はするもバイトに至らず。

このパターンは難しいやつだ・・・

下流部は流れ込みがいくつかあります。

そのうちの一か所がかなり濁った水が流れています。

そしてよく見ると。。。2匹の鯰がいます。

慎重にルアーを投げると、2匹でルアーを取り合い

そしてバイトせず、そのまま去っていくパターン(泣)

この2匹いるパターン難しい。

 

そして、また別の流れ込みで待機している鯰を発見。

f:id:namazunoko:20190601222853j:plain

これ、反射で見えませんが上側にももう1匹います。

苦手な2匹パターンです。

サイズもまあまあです。

流れ込み上部から慎重に狙います。。。が

鯰が暴れてルアーに接触。。。そして逃げていきました(汗)

このあとも鯰を発見するもバイトまで持ち込めず。

別の川へポイント移動します。

 

移動途中に車では行けない水路を発見!

鯉も複数泳いでいて期待が持てる。

自転車を停めて水路を上がっていくと

岸際に鯰を発見。

ルアーを投げると。。。逃げていきました。

歩いて行ける範囲で上流部までいくと鯉が沢山。

今度は釣り下っていきます。

岸際でじっとしている鯰を発見。

今度は慎重に。

いったん対岸にルアーを置いて岸際から水面にルアー静かに落とす。

すると。。。バイト!フッキング!!バラシ!!!

バイトまでは良かったのに作戦通りだったのに(泣)

 

さらに釣り下ると泳いでいる鯰を発見!

ルアーを前方から通すと1匹がバイト!フッキング!!バラシ!!!

またやってしまった。

小さい水路かつ水深がないため近づくと鯉が暴れます。

そんな状況のため、岸から少し離れてルアーを投げています。

立ち位置の関係からバイトがあってからのロッド稼働範囲が狭いのが

フッキングに影響している気がします。

 

そして、さらに釣り下るとまたまた良いサイズが泳いでいます。

これもバイト、フッキングまでするもばらしてしまいました。

この遠征ではそんなにばらしはなかったので原因特定したいところですが

立ち位置以外は正直わかりません。

フックも異常はなさそうですが、念のため交換しときます。

初めて来た小規模水路の短い区間で4匹の鯰を確認できました。

さすがにこれ以上は難しいので場所移動です。

 

次は中規模河川です。

ここはかなり鯰釣りでは知れた川だと思います。

釣り上がっていくと先行者の方と会いました。

ご挨拶と状況についてお話をすると・・・

鯰をいるけどバイトしないようです。

先行者の方と会うまでに1匹確認しましたが逃げていきました。

上流側も同様のようです。

一応、上流側へ行くも鯰を見つけられず。

そして釣り下ると鯰を発見、バイト、フッキング!

しかし、抜き上げでばらす。。。4回連続ばらし。

雨が強くなってきたので2日目は不完全燃焼ではありますが

14時には釣行を完了して終了としました。

 

しかし、最初の川を移動してから4回チャンスがあったのに

釣りあげることが出来なかったのは反省です。

雨が降り出して気温も下がったので

あまり雨がプラスに働かなかったのでしょうか。

 

3日目に続く。。。