基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り 2018年6月22日

仕事が連休だったので2日連続の鯰釣りです。

この日は午後から予定がある為

9時半から12時半くらいまで。

 

昨日とは別方向の、車で30分くらいの場所へ行きました。

水路がいくつかと小さい川が2本あります。

まずは川を狙っていきますが、フロッグでアシの中を打ってワンバイトのみ。

雷魚がいたのでフロッグで狙うも反応なし。

川側はいまいちの状況でした。

 

雨が数日前に降ったばかりなので水路狙いへ変更。

水路は若干でありますが増水。

また、若干の濁りが入っている状態。

岸際の草影を狙うと、何か魚が動いた様子。

草影をよく見ると、鯰の頭らしきものが少し見えます。

1投目は無視されました。

2投目は少し大きめに着水音をだすと鯰が出てきました。

そのままバイト、フッキングしました。

f:id:namazunoko:20180622211124j:plain

60センチ弱の頭とお腹が大きい鯰です。

このあとも、見え鯰がいたのでルアーを投げますが

チェイスだけでバイトには至らず。

この水路も雨が降る度に、すこしずつ状況が良くなっているようです。

 

最後にもう1か所の水路へ移動。

前回来たときは、まったく魚が入っていない状況でした。

雨が降ったので期待してきたところ鯉が泳いでいます。

少し期待が持てます。

しかし、去年釣れた障害物周りや流れ込みを狙うも反応なし。

諦めて帰ろうと思いましたが、もしかしたらと思い

1回も行ったことない、この水路の上流部を調べてみることにしました。

跳んで渡れる幅の水路です。

 

流れ込みと影を中心に狙いながら水路を登っていきます。

橋と流れ込みが重なる場所で、橋の下からルアーを引いてくると

鯰が出てきてバイト、フッキングしました。

しかし、すぐにバレてしまいました。

しかし、鯰がいるのを確認できました。

さらに上流部へ上がっていくと、鯉の姿も時々あります。

魚は入っている様子。

小さい流れ込みを打ったとき、バイト、そのままフッキング。

f:id:namazunoko:20180622211839j:plain

55センチくらいのまあまあサイズです。

初場所での1匹、嬉しさ倍増です。

この後、最上流部まであがり戻ります。

そして、スタート地点の橋の下と流れ込みがある場所に

アップでルアーを投げると落ちパク。

f:id:namazunoko:20180622212012j:plain

45センチくらいで小さいですが

太さはあるよい鯰です。

これで、この日の釣行は終了です。

新しいポイントを見つけることができて

有意義な釣行でした。

 

2018年 鯰釣り 計80匹