基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

こちらに来て初めてのライトソルト

こちらに来て初めてのライトソルトへ行って来ました。

初の関西での海釣りです。

(前回のシーバスは河口より少しうえの運河)

釣果は0、バイトも無しでした。

行ってみて分かったのですが完全に準備不足でした。

今日の記事は次回に向けての対策となります。

 

釣行時間は午前6時前から7時半

まず海の状況ですが。。。風がやや強く北風が正面から当たる状態。

真正面にライトリグを投げるのはかなり難しいです。

(ライトタックルでラインはPEを使用)

岸壁際を狙ってみるも潮の流れが速くジグヘッドを操作し難い。

持ってるジグヘッドで一番重いのが3グラムですが流されます。

周りの方も釣れている様子はなく厳しい状況だったと思いますが

次回に向けて用意するものを考えたいと思います。

 

ルアー・・・重たいのが必要です。

風と潮流の影響を少しで押さえつつ、ワームは漂わせたいと考えて

次回はダウンショットを使ってみたいと考えています。

シンカーは5グラム、7グラムを用意します。
(私のライトゲームロッドで使える最大が7グラム)

それ以上軽くてもよいのであればジグヘッドで対応します。

 

とは書いてみたもののダウンショットは使ったことがない。

暖かくなったらバス釣りでも使えるのでこの機会に練習をしてみる。

いざ調べてみると結び方が沢山ある。

簡単にできそうで、かつ機能的な結び方を選んで練習してみました。

最初はラインに対してフックの向きがいまいちでしたが

数回練習すると、とりあえず使えそうなレベルになりました。

 

釣り具屋にも行ってワーム、フック、シンカーを追加しました。

いま通えそうな釣り場が北風の影響をもろに受けるので

狙う魚は根魚で底付近を狙うことを意識した準備になります。

一応、ダウンショットだけでなく、底べたでも狙えるよう

テキサスのシンカーも用意しました。

 

神奈川でやっていたライトゲームの釣り方では

まったく釣れる気がしませんでした。

向こうでは軽ければ軽いほどよいくらいの気持ちでいたので・・・

たぶん2グラム以上は使ってなかったと思います。

(今回の場所は風の影響をもろに受けるのが一番きつかったですが)

季節によっても釣り方は変わると思いますが

ところ変われば。。。といった感じです。

場所にあわせて学んでいきます。

 

こちらに来て、ソルトで釣れるのがいつになるか少々心配ですが。

ただ時期が時期なので、釣れなくても慌てず楽しみながら頑張ります!

忘れてましたが今年2釣行して初釣果はまだでした・・・

やっぱり早く釣りたい(汗)