基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

鯰釣り モバイルロッドを手に入れました

近所の川へバス釣りに行きました。

5センチから15センチくらいのバスが

ルアーにちょっかいを出してきますが

それ以上のサイズのバスは見つけられません・

釣果無しに終わりました。

 

この川、関西に引っ越してきた10月中旬は

そこそこ魚がいたのですが、5月上旬では

小さなベイト、鯉、ボラはいますが

それ以上の魚は見つけられてないです。

いつがハイシーズンなんだろう・・・

 

そんなモヤモヤした気持ちを持ちつつ

次回の鯰釣りに備えて釣り具店に行きました。

フックとかの消耗品のみ買うつもりでした。。。が

ナマゾンモバイル。。。買ってしまいました。

 

電車釣行でコンスタントに鯰が釣れることが確認できれば

モバイルロッドを用意するつもりでした。

4月中旬から新規開拓をして鯰がコンスタントに釣れる場所を

3か所見つけることができました。

当初は6月か7月に購入予定でしたが

どうせ買うなら早く買って5月のハイシーズンに

ストレス少なく鯰釣行回数を増やす方がよいと判断しました。

今月は予定していない出費だったため

釣り以外の部分で我慢が必要になりますが(汗)

 

f:id:namazunoko:20190506214213j:plain

購入したのはこちらです。

モデル名は「C694H」

スペックはHPのリンクを貼ります。

NAMAZON MOBILE ナマゾンモバイル tailwalk.jp

 

「C704XH」と悩みましたが、ベイトでシーバスなんかもできたらと思い、

少し柔らかめの「C694H」にしました。

柔らかめと言っても固い部類のロッドですが。

 

tailwalkらしく質実剛健のロッドだと思います。

まだ実釣はしていないので見た目だけとなります。

欲を言えばデザインが無難なので見た目の所有欲が増すような

デザインだとさらに好きになると思います。

デザインに凝ると値段が上がってしまうのかもですが・・・

この価格が魅力の一つであるのも間違いないですし。

 

ブランクスですが今使っているナマゾン「C74MH」より細いです。

抜き上げのときとか少し不安になります。

ただし、表記のスペックは「C74MH」より強そうです。

いずれにしても使ってみないと分からない部分なので

このロッドで鯰が釣れた際に使用感については書きたいと思います。

 

このロッドの売りは何よりもコンパクト、モバイルロッドであるところ。

電車で170センチのロッドを持っていると邪魔ですし

席に座っても正面に立つ方へ気を使います。

また、釣りの途中でお店で食事をするときも長いロッドは置き場所に困ります。

以前なら車に置いときましたが今はできません。

モバイルロッドの持ち運びの楽さはライトゲーム用のロッドで実証済みです。

これからは電車に乗るとき、お店に入るときストレスが減ると思います。

その分、釣りに集中できたらと思います。

 

少しこのロッドに対する悩み

ロッドに合わせるリールですが

カルコンだと少し重い感じがします。

14スコーピオンにしようか悩み中です。

5月中にどっちも試してみて結論を出したいと思います。

 

所有ロッドのtailwalk率が7割になっています(汗)

私のようなハイエンドは買えないけど

ほどほどのスペックが欲しいタイプには

ほんとうにありがたいメーカーさんです。