基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

管釣りロッド ワールドシャウラ テクニカルエディション S66UL-2/F

天気がいいのに釣りに行けないってストレスですね(汗)

今日は去年、購入したロッドについて書きたいと思います。

 

今回紹介するのは、メインは管釣りロッド

その他にも使えたらとの思惑で購入したロッドです。

f:id:namazunoko:20200410221543j:plain

 

ワールドシャウラ テクニカルエディション S66UL-2/F

スペック

品番:S66UL-2/F
全長:1.98(m)
継数:2(本)
仕舞寸法:130(cm)
自重:90(g)
先径1.4(mm)
適合ルアー:0.7~8ウエイト(g)
適合ライン:1.5~6ナイロン(lb)
適合ライン:0.2~0.6PE(号)
グリップ長:190(mm)
テーパー:F
カーボン:99.9含有率(%)

f:id:namazunoko:20200410221715j:plain

 

なぜこのロッドを購入したか

もとはと言えば管釣りロッドについて新調しようと考えていました。また、可能であれば管釣り以外にはアジやメバルのライトゲームにも使えるといいなぁ・・・と思っていました。関西に来てからは管釣りも多くないので、管釣り以外にも使えればという安易な考えです(汗)。おそらく神奈川であれば管釣りに寄せたロッドを購入したと思います。そんな感じで去年の夏くらいから考えていたら、ワールドシャウラ管釣りロッドが発売されるとの情報がきました。ワールドシャウラについてはパックロッドの1754とスピニングの2832の印象がよかったので管釣り用も興味がわきました。

 

なぜ、この番手か

f:id:namazunoko:20200410213345j:plain

上記はシマノのHPで掲載されている情報です。

掛けの釣りが好き、そして用途も幅広く考えるならこれ一択でした。

これ以上強いと管釣りで使うには向いていないと思いました。またこれ以上弱いと海でのライトゲームには使い難い気がしました。

 

使ってみた感想

結論から言いますと購入してよかったです。

第一印象はルアーが投げやすくて良く飛びます。使ったルアーはスプーンメインですが、0.8グラムのスプーンも問題なかったでです(それ以下は使ってないので分かりませんが)。振った感じも良く曲がりますが、柔らかすぎず適度に張りがあり私好みです。次に感度ですが、今まで使っていたロッドより良く感じます。管釣りので私の釣り方は主に3つです。「普通にリトリーブ」「テンションフォール」「ボトムずる引き」が多いです。感度についてはテンションフォール中の感度が今までより感じれるようになった気がします。魚を掛けた感じはパワーも管釣りで使う分には必要十分です。ここまで管釣りで使った感想を書きましたがライトゲームではどうか・・・実は海ではまだ使っていません。なぜかと言えば、思ったよりバット部分が細いんですよね・・・管釣りロッドなので当然といえば当然なのですが。私が海釣りで行くところは柵もあり、足場も少し高いので魚が大きいと抜き上げが心配になり使っていないです。その結果、月下美人を用意しました。でも足場が低い漁港でアジングやメバリングであれば十分使えると思います(一応タモはあった方がよいと思いますが)。

 

※今まで使っていた管釣りタックルは以下の記事から確認できます

 

※ライトゲーム用のタックルは以下の記事から確認できます

 

見た目など好みについて

個人的にはあまり好みではないです(笑)。やっぱり少し派手過ぎな気がします。遠目で見てもロッドの種類が分かるくらい派手な赤と特徴的なグリップ部です。個人的には管釣りロッドのグリップはコルクがいいです。ただ、このグリップが感度に良い影響があるのだと思いますが。あとはガイドが少し頼りなさそうに見えます。まあ、これも必要十分なんだと思いますが。では、どこか好きなところはないのか。。。見た目で言えば購入当初は思ったより派手で「うーん」という印象でしたが・・・何というか不思議なもので使っていると、この派手な赤も気に入ってきます(笑)。ロッド自体の使い勝手は気に入っているので情が湧いてきたのでしょうか。とりあえずこのブログを書いている時点ではお気に入りのロッドになっています。

f:id:namazunoko:20200410221615j:plain

※派手な赤にカーボンの模様みたいのが入っています

 

f:id:namazunoko:20200410221750j:plain

※感度に影響あるであろうと言われるカーボンモノコック部分

 

f:id:namazunoko:20200410222240j:plain

※一番手前側のガイド

 

ここは、ちょっと・・・

付属のロッドケース、、、これ、もう少しスペースに余裕があるといいです。ロッドをケースから抜くとき苦労しました。普通のワールドシャウラのケースが軽いし、個人的には好きです。あとは、このロッドをワールドシャウラと呼ぶのか等は賛否あると思いますが、個人的にはどちらでも構いません。ロッド自体が気に入って自分の釣りをする用途が満たせれば良いです。

f:id:namazunoko:20200410221853j:plain

※円筒上の付属ロッドケース 車じゃないと運び難い。。。

 

以上、ワールドシャウラ テクニカルエディション S66UL-2/Fの記事となります。

リールもこのロッドに合わせているので、また別記事で書きたいと思います。

f:id:namazunoko:20200410223150j:plain

 

しかし、今年は管釣りにあまり行けなかったです。管釣りシーズン中の休みは天気が悪い日が多く、加えて体調も崩しました。そして新型コロナで営業終了に・・・結果的にこのロッドの出番が少なくなってしまいました。新型コロナが収束したら、いろんな釣りに使ってみたいと思います。

f:id:namazunoko:20200410222013j:plain

 

最後まで読んで頂いた方ありがとうございます。

家でリールをくるくる回す日はしばらく続きそうです(汗)