基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

釣り小物 ダイワ PEライン チェンジャー

相変わらず釣りに行けておりません。ただただ準備やメンテナンスをしています。そんな訳で本日はメンテナンスというかは微妙ですが、PEラインを巻き替え時にあると便利な道具について紹介いたします。

 

 

PEラインチェンジャー

今回初めて使った道具はこちらです。

DAIWA : PEラインチェンジャー - Web site

f:id:namazunoko:20200613182651j:plain

 アマゾンの商品説明には以下のように記載されています。

-------------------------------------

従来の糸抜き器では、糸自体が柔らかいPEラインは巻き込みやすくトラブルのもとになるため、巻取りができませんでしたが、全く違う構造を採用しPEラインの巻取りを可能にしました。引き出し方式ではなく、巻取り方式を採用していますので、巻きとった糸がひとまとめになり、後始末が簡単です。

-------------------------------------

Amazonのリンクは アソシエイトリンクをリンクを 利用しています。

 

PEラインチェンジャーはどんな時に使うのか

どんな時に使うかと言えばPEラインを巻き替えるときですが、PEラインって100メートル以上巻くことが多いと思います。またリーダーを使うのでPEライン自体が傷んできてもリールに巻いてある長さはそんなに変わらなかったりします。そんな状態でPEラインを巻き替えるとき、私は100メートル以上あるラインを手でリールから外していきます。これって何気にけっこう面倒なのです。そんなときに役立つアイテムとなります。

 

実際に使ってみた

f:id:namazunoko:20200615191451j:plain

たぶん120-130メートルは巻いてあったと思うのですが、すぐにリールからラインを外すことができました。これならライン交換の手間が減り、ライン交換の頻度が上がってしまいそうです。まあ、財政的にライン交換頻度が上がるかは別問題ですが(汗)。

 

糸を捨てるときは

私は失敗しましたが(後述しますが理由があります)、使い方を間違えなければ綺麗にラインをラインチェンジャーから外すことが出来て処分も楽です。ちなみに私が失敗した際の状況です。

f:id:namazunoko:20200615191920j:plain

 

気を付けるべきこと

使う前に説明書をしっかり読みましょう。この商品、説明書きが分かり難い場所にあります。パッケージの台紙の内側に説明書きがあります。私はこれに気づかず、勝手に不親切だなぁ。。。とか思いながら(ダイワさんごめんなさい)、使っていたら最初は上手く巻きとれないし、説明書きに気づいてうまく巻きとれたと思ったら、外すときの説明書きを見ずに写真の有様です。使い方は最初に貼ったダイワさんHPにも記載をされています。ここを見ればきっとばっちりなはずです!

 

ナイロンラインには使えるのか

まだナイロンラインには使ったことがないので分かりません。アマゾンのレビューを見る感じでは使っている方もいるようですが、私自身が使ったことがないのでブログ記事での記載は控えます。私の場合、ナイロンは多くても100メートルくらいしか巻かないのと、ナイロンは釣行ごとにラインを切ったりして交換する頃には短くなっているのもあります。でも今度ナイロンでも使ってみたいと思います。その際はまたブログ記事で報告させて頂きます。

 

おまけ

このPEラインチェンジャー、巻き取る際いボタンを押して巻き取ります。この際にボタンを軽く押すと巻き取る回転も弱くなります。最初の慣れないうちは弱めでやると使い易いかもです。

 

以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。