基本は鯰とナマズ釣り

鯰釣りを基本に管釣りやその他のことについても書いていきます

バス釣り 記憶に残る魚が釣れました

また短時間釣行に行って来ました。そして念願の自己記録更新です。世間的にはたいして大きくないサイズですが、私にしたら大きな成果です。では釣行記を書いていきたいと思います。

  

状況

気温:暑い・・・たぶん30度くらい

天気:晴れ時々曇り

時間:19時半頃から21時頃

風:吹いているはいるが弱い

相変わらずの近所の川、短時間釣行です。翌日は仕事のなので夜の釣行ですが少し早めの時間です。日中はかなり暑く通り雨があるかと思いましたがこの日は降らなかったです。いよいよ梅雨明けか・・・しかし、夏の日差しは暑い。

 

タックル

ロッド:ワールドシャウラ2701FF

リール:17セオリー

ライン:PE0.8 リーダー14Lb

ルアー:いろいろ

以下のルアーをローテーションしました。そして久しぶりのスピニングタックルです。ここ数日はベイトリールばかりだったので。。。とは言っても2週間ぶりくらいですが軽いルアーはあきらかに投げやすいです。そしてPEラインとロッドの特性もあって感度が良いのでルアーが泳いでいるがよく分かります。

f:id:namazunoko:20200801235718j:plain

 

ベイトがいる

ここ数日と比較してベイトの数が多い気がします。雨が降らない方がベイトが入ってきやすいのでしょうか。ベイトを追ってシーバスやバスが入ってくることを期待しますが、そんなに甘くはないようです。時折ベイトが何かに追われていますが、小バスかギルサイズの小さい何かに追われている様子。とりあえずベイトがいる周辺に最近調子がいいシャッド系ミノーを投げます。時折突っつくようなアタリがありますが掛からないサイズです。釣れないのでルアーのサイズを少し下げたり、上げたり、色を変えたりしますがその後は反応なしです。

 

場所を変えてみるが

釣れないので場所を少し変えてみると、こちらもベイトがいる。それでも釣れないのですが。。。そうこうしているうちにベイトの大群が上流側に上がっていきます。そして、そのベイトに大きめな魚が着いている様子。1回大きな捕食音がありました。。。がしかし、その後は続かずベイトは解散。もとからいたベイトも解散気味になり水面は静かになってしまいました。

 

そろそろ釣れない予感

ベイトの活性が下がってきたようだし、この日はもう釣れないかなぁ・・・なんて思いつつルアーを変えたりしながらキャストを繰り返します。ポイントをひと通りまわってスタート地点に戻ってきました。帰ろうか悩みましたが、もう1回だけ投げたいポイントがありました。この日は月明かりが強くて水面に反射しています。最後に投げるポイントは月明かりが入らず暗い場所です。ここで釣れなければ帰宅をしようと考えていましたが。。。ついにその時がきました。

 

一転 突然のドラグ音

釣れいない雰囲気から一転、自己記録更新の歓喜の瞬間が訪れました。近所の川では比較的水深がある場所です。また木や障害物の影になっており、この時間は月明かりが水面まで落ちません。そんな暗い場所にスピニングの良さを生かして遠投をします。そしてひたすらコースを変えて投げて、巻きスピードを試行錯誤しながら粘ります。そして、その時です。手元にグンッと反応がありました。次の瞬間、ドラグが急にでます。ここ最近とは明らかに違う大きさです。

 

自己記録更新

絶対にばらすことは出来ない。ラインのテンションが緩まないよう、ドラグを調整しながら巻いてきます。1番のロッドなので良く曲がりますがバット部が強いので魚の引きに負けるようなことはなく終始主導権を握ってやりとりができます。そして上がってきた魚はこちら

f:id:namazunoko:20200801234909j:plain

写真ではちゃんと測れてないですが45センチ位のバスです。お腹も大きくてコンディションも良さそうでよく引きました。久しぶりにいい感じのドラグ音を聞きました。水面から少し高さがあるのでタモを使って確実にネットインをしました。バスの45センチは世間的には大きくないかもですが、私にとっては「とても価値のある1匹」です。

 

私にとって記憶に残る1匹です

けして大きいサイズではない魚です。でも本当に嬉しいのです。関西に来て去年から20数年ぶりにバス釣りを再開。そして目標にしていたのが40アップでした。しかし、思いのほかこのサイズが超えられないです。他の釣りの同時にしていたのでバス釣りだけを集中してやれば違うかもですが、現在の私にとってはなかなかのハードルです。そして近所の川ではバス釣りの方は見ますが釣れるところをほとんど見ない。ただ話を聞くと50から60もいるらしい。けして魚影は濃くないとのことですが・・・この魚はそんな状況で試行錯誤をして釣れた魚です。きっと場所だったり、もっと釣りのうまい方からみれば大したことないかもですが。。。私にはとっても価値ある1匹。

 

本当に最近よく釣れるルアーです

f:id:namazunoko:20200802000119j:plain

 今回の釣行でフックが曲がってしまいました。最近の5釣行中4釣行このルアーで釣っています。どうして釣れるか分かりませんが不思議と釣れます。他のシャッド系ミノーより動きが少し緩いというか、細かなブルブルといった動きではないです。他にいくつか持っているシャッド系ミノーは細かいピッチでブルブル震えるように動く気がします(バイブレーションほどではないですが)。それらに比較すると、これはユラユラ動いている感じです。カラーに関しては、この白系カラーが強い気がします。今回このミノーで釣れたのも嬉しいですね。

 

 

 ※Amazonのリンクは アソシエイトリンクをリンクを 利用しています。

 

 最後まで読んで頂きありがとうござます。